Bichito accoのスペイン大爆走

accoesp.exblog.jp

念願かなってスペインに渡ってはや8年目。日々のドタバタ劇をありのままに綴っています。

お客さんとは仲良く

最近、我慢をしなくなった私。
相手が客であろうが、理にかなわないこと、わけのわからない理屈を言われたりするとちょっとくらいきつくても、こっちの言い分をはっきり言ってしまうようになってしまった。

でも反対に信頼関係のあるお客さん、礼儀正しいお客さんにはそんな対応は絶対しない。こちらももちろん全力を尽くして仕事をしている。 無理なお願いもなんとかこなしてさしあげようと思うもの。

でも、これ、、間違ってた。

教訓1)客を選んではいけない by 元上司

その通りでございます。お客の態度でこっちの態度変えるなんて失格です。やっぱりどんなお客さんにでも誠心誠意対応すべきなのです。

ちなみに、このところビシ、バシと火花の飛んだメールのやり取りをしているあるお客さんからのメールを読んで、 ムカっと更に怒りに火のついたわたくしは、彼女からの直球を思い切り打ち返してしまいました。

その後、昼食を食べながら、日本人の仕事仲間とその話をしていると、一言。

「お客さんとは仲良くしましょうよ。ケンカしても いい事ないですよ。仲良くしてたら、何かあったときでも大目に見てもらえたりするんですから・・・」

なるほど。おっしゃる通りでございます。

なんとなんと、昼食後、私が”直球返しメール”に自信満々に書いた内容を遂行できない事態が発生。 しかも私の”うっかり”も原因している。
体中の力が抜けて、絶望状態。彼の言ったとおりだわ。
弁解の余地もない事態。ただただ、反省・後悔し、どん底まで落込むのみ。

お客さんからは、即効バッシングメールが来ると覚悟していたのだけど、、、メールなし。

それどころか、そもそもメール戦の原因となっていた彼女のやるべき事をなぜか今日は素直に時間通りにちゃんとやってくれたのだ。いつものような文句も言わず。

驚いた。。。そしてまた反省した。
この事態において、彼女がやっとcooperationしてくれた。

教訓2)お客さんとは仲良くしよう 

いろいろ学んだ一日だった。
[PR]
by acco-esp | 2007-03-22 07:07 | 仕事