「ほっ」と。キャンペーン

Bichito accoのスペイン大爆走

accoesp.exblog.jp

念願かなってスペインに渡ってはや8年目。日々のドタバタ劇をありのままに綴っています。

<   2013年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ペルー到着翌日は日帰りナスカ地上絵ツアー。

スケジュールはざっとこんな感じ

ホテル⇒バスステーション:ドライバーさんによる送迎。
リマ⇒パラカス:バス移動(約3時間半)。
パラカス⇒ピスコ空港:現地ガイド+ドライバーさんによる送迎。
セスナでナスカ地上絵見学:所要約2時間(移動往復90分、地上絵見学30分)
ピスコ空港⇒パラカス:行きと同じガイド+ドライバーさんによる送迎。
パラカス⇒リマ:バス移動
バスステーション⇒ホテル:ドライバーさんによる送迎。

バスの時間が朝7時ということで、普段寝るの大好きで休日はそれぞれ家で昼過ぎまで寝ている
私達が休暇2日目から超早起き!

失礼にもペルーってポンコツ車が多いのかと思いきや綺麗ないい車もびゅんびゅん走ってます。
特に、こんな風に送迎に来てくれるドライバーさんの車はとても快適!(写真ありませんが)

こちらがリマのバスステーション
e0145739_5434465.jpg

意外に(失礼)綺麗
e0145739_545861.jpg

出発まで余裕があったので、ホテルで用意してもらった朝食で腹ごしらえ
e0145739_5525345.jpg

e0145739_54851.jpg

お世話になったバス 南米はバスが発達しているとよく聞いてはいたのですが、本当にそう。
サービスもいいし、座席も快適。
e0145739_5465073.jpg

出発するなり早速食事のサービス。温かいコーヒーも出してくれました。
e0145739_555242.jpg

朝ごはん食べたばっかりだったけど、、、
しかもハムとチーズで具も同じだったけど、、、
おいしく頂きました(笑)

2階席の一番前だったので眺めも良し!
e0145739_55442.jpg

e0145739_556797.jpg

インカコーラの巨大看板
e0145739_601496.jpg

ピスコ入り!
e0145739_557515.jpg

バス停到着
e0145739_611080.jpg

e0145739_613651.jpg

待っていてくれたのはこちらのおちゃめなガイドさん
e0145739_6113117.jpg

ピスコ空港に行く前に、近くのレストランに連れて行かれそこでランチ。
e0145739_6122626.jpg

e0145739_6124616.jpg


Cebiche(セビッチェ):ペルーを代表する料理で魚介のマリネ。大好物!
種類が色々ありましたががこの日は白身魚だけのセビッチェにしました。
生の貝類を食べて具合が悪くなるのが怖かったので。
e0145739_619241.jpg

Causa(カウサ):Aji(黄トウガラシ)ペーストを混ぜたマッシュポテトのようなもので間に挟んであるのは鶏肉。初めて食べたけど、おいしかった~!見た目もGood。でも見た目以上にお腹膨れます。
2人で2皿でお腹いっぱい!
e0145739_6135850.jpg


食後、ピスコ空港へ!
e0145739_6204515.jpg

e0145739_6214497.jpg

セスナ搭乗
e0145739_6261944.jpg

e0145739_6265099.jpg

どんな風に見えるのかなぁ~?ワクワクどきどき。
e0145739_6273129.jpg

離陸 ここからが結構長いけれど空の旅楽しみました!
e0145739_628326.jpg


ついにナスカの地上絵上空に到着。機内で一つ一つ説明してくれます。
有名な「ハチドリ」
e0145739_702054.jpg

「木」と「手」
e0145739_704232.jpg

「宇宙飛行士」
e0145739_705689.jpg

でも、さすがに低空飛行で絵の周りを右に旋回、次に左に旋回、はい次の絵へ移動・・・
というのを繰り返されると酔います!ちゃんと酔い止めを飲んでいったけどやっぱり酔った。
さらに写真を撮ろうとしたから余計に・・・。
ということで途中から写真を撮るのをやめました。
最後の方は、もういいから帰ろう~!!!!って言いたい気分に(苦笑)
それでも、昔から乗り物酔いしやすい私が「もう無理、ヤバイ」っていうほど酔わなかったのは奇跡。

地上絵見学が終わり、ピスコ空港へ引き返す段階は心底ほっとしました・・・。
e0145739_6333218.jpg


テレビでしか見たことがなかったナスカの地上絵!
この目で見ることができたのは感激だけど、思ったより絵が小さくて(多分、テレビで見ると大きく映し出されるからその影響ですね)「え?こんなもんなの?」と若干拍子抜けしたのと、セスナで酔うので今度ペルーに行くという人がいても絶対おススメ!とは言えないです。どうしても見たいなら行くのもいいけど、まー行かなくても大丈夫かな?っていうのが本音。だけどこれも一度見たからこそ言えるセリフかな?
ペルー行く前は疑うことなく、絶対行きたい場所の一つだったので(笑)

空港からバス停まで送ってもらい、おちゃめなガイドさんとお別れ。
帰りのバスは爆睡であっという間にリマ到着。

その日の夕飯は、ホテル近くのレストランEl Señorio de Sulcoにて。
途中、突然停電したけれど、誰も騒がずウェイターさんが各テーブルにさっとロウソクを持ってきてくれた。
でもオシャレなロウソクというよりは、教会にありそうなロウソクだったけどね。
その後ペルーのあちこちで見た非常灯の存在で停電がペルーでは日常茶飯事なんだと悟った私達。

Lomo Saltado(ロモ・サルタード):こちらもペルーの代表料理。お肉の炒め物。
e0145739_6403873.jpg

Sopa Criolla(ソパ・クリオージャ):クリーミーなトマト風味のスープ。おいしかった~。
e0145739_6405825.jpg


ホテルまでの帰り道、雨が降ってきて寒くて凍えそうでした~。

翌日は、のんびり起きてリマ観光です!お楽しみに。


海外ブログスペイン情報ランキングに参加しています。
応援のクリックをよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
人気ブログランキングへ
[PR]
by acco-esp | 2013-09-14 06:44 | 2013年旅行
久々の旅行記です。

今年は、区切りの年☆ということもあり、同い年の友達と記念旅行に行こう!と
1年も前から話していました。
「記念旅行だから、特別なとこ・普段なかなか行けないとこ・すごく行きたいとこに行きたいね」
ということであっさり二人の意見が一致した場所は『南米』。

では、南米のどこに行くか?という時点で、こちらもけっこうあっさりきまったのが最近日本でも
人気急上昇(のハズ)のボリビアのウユニ塩湖。
雨季になると、湖にはられた水が鏡のようになり、空と湖の境がなくなって天空にいるかのような
状態になる一生に一度は行ってみたい!場所の一つ。

だったのですが・・・色々と話してる中で、諸事情により目的地を変更。
そして白羽の矢があたったのが、同じく「行ってみたい場所」リストで絶対上位に入っている
マチュピチュ!!!!!ということで、ペルー旅行に決定しまました。

それからが結構大忙し。
なんせ、南米は二人とも初めてさっぱり様子がわからない。
ビーチリゾート行くみたいな軽装じゃだめだし、町歩きともわけが違う。
最初は旅行代理店経由でいろいろ混みこみのツアーで行くほうが安いんじゃない?と思って探したものの
全くこれといったいいツアーがない上、どれもこれもレアだからか?ものすごい高い。
よって、ほとんどぜーんぶ自分達で手配することになりました。

二人そろって過去にペルー旅行に行ったことのある同僚・友人などに質問しまくり
準備したのが、ざっとこちら。

1.バルセロナーリマ往復航空券:ネット購入
スペインって南米人も一杯住んでるし、需要があるから便もいっぱいあって
値段もそこそこかと思ってたらなんのその。直行便はないわ(マドリードからはあるみたい?)
高いわで弱気になった(涙) 結局友達がいいのを見つけてくれて1000ユーロ程度でしたが
それでも日本行くより高い!!!
行きはパリ経由のKLM(エールフランスとの共同運航)
帰りはアトランタ経由のデルタでした。

2.リマ、クスコ、マチュピチュのホテル:ネット予約
これは、二人で家に集まってBooking. comでちょこちょこ探して予約しておきました。
とりあえず押さえてあとでまたゆっくり探そうか、なんて言ってたのですが、最終的に
最初に抑えてた通りの宿に泊ることに。マチュピチュは、まーあんなもんかなって感じの
とこでしたが、リマ・クスコは大当たりのホテルでした。

3.リマークスコ往復航空券:ネット購入
南北アメリカ大陸というのは飛行機移動が高い!のでどうしようねぇーと心配してたんですが
一応南米はそれなりに格安航空が普及し始めているようです。
ペルーでは、Peruvian, Lan peru, Taca Airline, Star peruと色々あったのですが、
最終的にStar peruのチケットを購入しました。

※ペルー人とその他の人で値段が違うなど、ややこしいので注意が必要。
  クレジット払いのシステムがいまいちのようでエラー出まくりでドキドキでした。
  が、Star peruは心配していた遅延もなく、機体もサービスもとてもよかった!

4.ナスカの地上絵ツアー:在ペルーの日系旅行代理店に申し込み
こればかりは、リマからの移動云々もあってややこしいので、旅行代理店にお願いすることに。
3社ほど見積もりをとって一番安かったCantuta Travelさんにお願いしました。

5.オリャンタイタンボーマチュピチュ村往復列車チケット:ネット購入
Peru RailとInca Railという2社がマチュピチュまでの電車を運行していますが
私達はPeru Railを選択。屋根もガラスになっているVista Dome(ビスタドーム)という
電車に乗りたかったから。
すぐに席が無くなるので、絶対に事前に購入することをおススメします。
なんせ2両しかない。そりゃ席もすぐ無くなるわな・・・。
こちらは簡単にネット購入可能。でも座席を指定できないのが難点。
なぜか時間によって値段が違います。
ちなみに、質問があり問い合わせメールをしたら、速効返事が帰ってきました。
念のため電話もしたけど、同じく対応は花丸。
ということで、Peru Railの対応は素晴らしいです!
(なぜならPeru Railは南米のドイツと言われるチリの会社が運営しているから←これは後から
ペルーで聞いた話しなのですが・・・)

6.マチュピチュ・ワイナピチュ入場券:クスコのホテル経由で購入
マチュピチュ、ワイナピチュ共に入場制限があるので、事前に入場券を買っておく必要があります。
ぺルー観光庁のHPで、入場可能人数の残数が確認できます。
そして、本来ならこのページから直接入場券を購入できるはずなのですが・・・
なんと少し前から、クレジットカードでの販売を中止しているそうです。
その理由、クレジットカードの不正使用が多々あったからとの事。
Star Peruの航空券購入のときも大変だったように、まだまだクレジットカードの使用環境が
十分でない感じです。
入場券を買うのは、現地(ペルー)の銀行口座振り込みのみとなっており、そんなの外国人には
無理!!!!ですよね。
だからみんな旅行代理店経由で購入するわけですが、旅行代理店さんの多くは、入場券の代理購入
だけを扱ってはおらず、電車のチケットなどなど何か他のサービスと一緒でないと購入してくれません。
しかも、手数料けっこう取られます。
そんなわけで、私達はクスコのホテルにお願いしました。
最初は、クスコからマチュピチュの移動、マチュピチュでのガイド、マチュピチュ入場券、すべてを
お願いしようかと思ってしつこいくらいにあれこれ質問したのですが、最終的にはシンプルに
入場券のみ購入。それでも旅行代理店が手数料を30ドル近くとるところ、ホテルはたった10ドルで
やってくれました。
しかも、ほんとに何度も細細問い合わせメールを送ったのですが、回答早いし、全部きちんと丁寧に
答えてくれるし、感激でした!!!クスコに行かれる方には絶対お勧めしたいホテルです。
El Virrey Boutique

これだけ準備してようやくホっと一息。
そのあとは、服や靴の用意。
街歩き用のスニーカーすら持ってない私。山登り用の格好なんて何一つありませんでしたから・・・
でもバーゲン時期で助かった。最終的にはほとんどDecathlonでまかなえましたよ!
今回新しく買ったもの
*トレッキング用シューズ
*ウィンドブレーカー
*UVカットパーカー(これはユニクロ。日本で買って送ってもらいました)

高山病予防の薬、虫避けは現地(リマ)で購入。どちらもよく効いたし、やっぱりこういうものは
現地で調達するのがおススメです。

ここまで書いてすでに疲れてしまったので、準備編はまた思い出したら追加・変更しておきます。

そんなこんなでいざペルーへ!
飛行機はいまいちだったけど、とりあえず遅延も何もなく無事リマに着きました。

さ、ここからホテルまでタクシーで行くわけですが、ここが最初の勝負。
というのもペルーのタクシーはメーターがないので乗る前にいちいち料金を確認(交渉)
しないといけないのです。それを知っていたので、空港を出る前にInformationのお姉さんに
空港から泊るホテルのエリア(ミラフローレス地区)までのだいたいの料金を聞いておきました。
(お姉さんの回答:40-45ソルだったかな?)

そして早速どやどや近づいてくるタクシードライバーさん達に料金を確認すると
みんな口をそろえて55ソルという。そんなはずはないと、別の人に聞いて、さらに別の人に
聞いてもみーんな55ソルといってひかない。うー、意外と意固地なのね、ドライバーさん。
でも、ようやく一人、じゃー50ソルでいいよと言ってくれたので、疲れてたし、もういいやと思って
乗ってしまいました。えらいいい車で快適にホテルに着きましたが、、、、着くやいなやホテルの人に
ホテルから空港までの料金を確認してみたら、やっぱり40ソルくらいって言われて大ショック。
次からは何がなんでも40ソルでいくぞ!と思った私達でした。

ちなみにリマでは、危ないから絶対に旧市街には泊るな、泊るなら治安のいいミラフローレス地区に
するよう勧められていたので、その通りにしました。
泊ったホテルはRuncu Hotel

その日は疲れていたのでホテルのレストランで美味しいペルー料理第一弾を堪能。

お通しとして出てきた
e0145739_7183889.jpg

Aji de Gallina (アヒ・デ・ガジーナ):Aji(黄チリペーストと、炒めた玉ねぎ、スパイスとほぐした茹で鶏を合わせたもの。見た目タイのイエローカレーっぽいです。ご飯と一緒に食べます!実はペルー滞在中3度も食べたほど、大好きになった一品。
e0145739_7185972.jpg

名前を忘れた・・・けどおいしかった。
e0145739_7191523.jpg


そして翌朝のナスカツアーに向け早目に寝ました!つづく


海外ブログスペイン情報ランキングに参加しています。
応援のクリックをよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
人気ブログランキングへ
[PR]
by acco-esp | 2013-09-11 06:29 | 2013年旅行
ついに決まりましたね、2020年東京オリンピック。
発表の瞬間は、日本人の友達2人とともに自宅テレビで見ていました。
正直、なんで今更東京?という気持ちがずっとあり、今スペインに住んでいるし
どちらかというとマドリッドになればいいなという思いのほうが過去の招致レースも含め
強かったのですが、いざ TOKYO2020 の文字が出たときは思わずみんなで
「ヤッター!」と叫んで拍手しちゃいました。

2020年の五輪開催については日本でも意見が分かれているようで
私も、色々考えると手放しには喜べないような気もするのですが
これを機に色んな懸念事項がしっかり解決されることを願います。

それはそうと今回いいな!と思ったものの一つが東京のオリンピックロゴ。
桜のリースがモチーフとなっていて、モダンかつ日本的でステキ!
e0145739_6191743.jpg

こんなセンスあるロゴを若い学生さんがデザインしてくれたんだから
是非とも次こそは日本選手団の公式ユニフォームもかっこいいものにしてほしいなぁ~。

さて、7年後の2020年私は一体どこで何をしているんだろう?
オリンピックの開催地が決まる年にいつも思う事・・・
そして2009年の過去記事を読んで愕然とする自分。
あの時遠いと感じた2016年まであとたったの2年!!!
あの時の私と今の私、、、何も変わってないんじゃない?全く成長がない(涙)。
今、小学生の姪っ子ちゃんなんて7年後には大学受験を控えたピチピチの女子高生だもんなー。
そう考えると7年の重さを感じる。
7年後の自分のために、今の一瞬一瞬を大事に過ごしていかないとなぁ。



海外ブログスペイン情報ランキングに参加しています。
応援のクリックをよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
人気ブログランキングへ
[PR]
by acco-esp | 2013-09-09 06:09 | バルセロナ生活
高校野球で一瞬盛り上がった直後、旅行に出て、帰ってきたら夏が終わってた!
という印象の非常に涼しい今日この頃。

さてさて、この夏休みはちょっとした記念旅行ということで10日間のペルー旅行に
行ってきました。かなりハードな旅でした。
にもかかわらず、旅行から帰ってきた翌日に、朝早起きして海上自衛隊練習艦隊の
バルセロナ寄港セレモニー(?)に参加してきました。

というのも、バルセロナkimonoクラブの子が、領事館からの依頼で
練習艦隊の司令官の方に花束贈呈することになっていたから。
そして、私達数人はその取り巻き(?)として同じく着物でかけつけました。
(そのために、朝6時半集合で着付けだったのです)

今回寄港したのは、かしま・しらゆき・いそゆきという3つの船。
一番最初に到着したのがこちら、かしま。
e0145739_5523857.jpg

今回寄港したものの中で一番大きくて目の前で見るとすごい迫力。
e0145739_557153.jpg


領事館の方にお借りした日ノ丸を持って記念撮影。
e0145739_6131611.jpg


続いて到着したのが いそゆき。
e0145739_5595111.jpg

e0145739_604466.jpg


残すところ しらゆき のみ・・・だったのですが、なかなか到着せず。
かつ、雨が強くなってきたので、大急ぎで花束贈呈!!
そして、その後かしまの艦内を見学させてもらいました。
e0145739_62517.jpg


ただ・・・残念ながら着物のため、艦内のはしごのように細い階段の上り下りが
危ないということで、階段を使わなくても見られる場所のみの見学となりました。
他の方々が見学されてる間は、綺麗な応接室に通していただき、コーヒーまで
出していただいて、そこで待機。
お隣にはこんな純和風のお部屋まで・・・
e0145739_661150.jpg


その後、雨が止んだ瞬間を利用し、甲板を見せていただきました。
かしま は練習艦隊なので、最小限の兵装だそうで、あるのはこちらの大砲と
e0145739_68335.jpg

魚雷のみ
e0145739_691379.jpg


これまで自衛官の方とお会いしたことなどなかったのでとても貴重な体験でした。
バルセロナの後は、イタリア、スリランカ、ミャンマーなどなどを経て
10月30日に東京晴海に戻られるそうです。どうぞお気をつけて!


海外ブログスペイン情報ランキングに参加しています。
応援のクリックをよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
人気ブログランキングへ
[PR]
by acco-esp | 2013-09-03 06:13 | バルセロナ生活