Bichito accoのスペイン大爆走

accoesp.exblog.jp

念願かなってスペインに渡ってはや8年目。日々のドタバタ劇をありのままに綴っています。

<   2010年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

飲んべぇ街道まっしぐら

最近では誰も信じてくれませんが、私、日本ではお酒があまり飲めませんでした。
飲んだとして、せいぜいカルピスチューハイとか梅酒といった類のもの。
しかも、みんながじゃんじゃんお代わりしてる中、氷ですっかり薄まった最初に頼んだ一杯目を
ちびちびちびちびを飲みつづけるタイプでした。

それがどうしたことか・・・・ワインの国スペインに来てからワインが飲めるようになり
今では食事のときに好んでワインを注文します。

そしてさらに、最近では「芋」までいけてしまう口になっってしまいました。
しかもね、おいしいやん♪と思いながら飲めるようになってしまったのですよ。
この間なんて、ひたすら芋焼酎の水割りを(半々ぐらいの割合で)一晩中
飲んでも酔わなかったからまたびっくり。一緒にいたおねーさんもびっくりして一言。
「accoちゃん、むっちゃ飲めるようになったよなー」

つまり・・・私は飲めるタチだったけど日本では飲んでなかっただけですね。
たぶん父親譲りのこの飲んべぇぶりがこの歳になって開花するとはね。
予想だにしておりませんでした・・・。

あ、でも家で一人で飲むってことは皆無です。誰かと飲むから楽しいのです。
ということで、みんなと楽しく飲めるようになったことが妙に楽しい(今さらですが・・・)今日この頃。
でも・・・疲れていたり、どこか調子悪いときなどは、大して飲んでなくても突然気持ち悪くなったり
するので、本気で「私は飲めるんだ!」と思うのはまだ早いようです。

ということで、もともとそんなに飲めなかったでしょ!デビューしたてなんやから
調子のったらあかんよ!って自分に言い聞かせながら、節度を保ってお酒を
楽しもうと思います。

さて、、、先週末は太陽を求めてやってきた観光客たちがこぞってノースリーブとビーチサンダル
といった夏の装いになるほど天気がよくて暖かかったです。
そしてサマータイムに切り替わり、昨日からスペインー日本の時差は7時間になりました!
夜9時すぎまで明るい私の大好きな季節がやってくる~♪
何もしてなくても気分が軽くなりますねー。やっぱり、太陽って気持ちを左右しますよね。
天気がいいって最高!!スペイン万歳。



にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ☆海外ブログ。スペイン情報はこちら☆
[PR]
by acco-esp | 2010-03-29 21:32 | バルセロナ生活

偉大なる作家の死

昨日、スペイン文学界において20世紀を代表する最も偉大な作家といわれる
ミゲル・デリーベス氏が89歳の生涯を閉じました。

今日は新聞でもテレビでもミこのミゲル・デリーベス氏の訃報が取り上げられており、
私も今朝新聞でこのニュースを知りました。

なぜ、文学など全く興味がない私がこのニュースに目が止まったかというと・・・・

彼がValladolid出身の有名な作家だからです。
そして私がValladolidに留学していたからです。
もっと掘りおこすと・・・・、

留学のため渡西して数か月後に迎えた誕生月に、ホストファミリーからプレゼントされた
一冊の本がミゲル・デリーベスのEl caminoという本だったからです。
贈られた時、「この本は、この町出身の偉大な作家による本なのよ」と説明されたことを
よく覚えています。

さらに・・・・(私の記憶が正しければ)、留学していた大学の歴史担当の先生からも
ミゲル・デリーベスの本を読みなさい!と薦められた記憶があり、自分で
「cinco horas con mario」という彼の作品を買って日本に帰国したのです。

・・・で・・・も・・・・、どちらもいつものごとく数ページで挫折。
読破できていません(苦笑)
どぉ~しても、最後まで読みすすめられないっ。文学なんて嫌いだ~。
という状態で今に至ります。

でも、よくよく新聞の記事を読んでいると、カステジャーノの美しいValladolid出身だけあって(?)
彼の操るCastellanoの表現は非常に美しく、描写はどんぴしゃ(的確ということです・・・)
なのだそうです。純粋に「スペイン語が好き」な私は、「美しいスペイン語(カステジャーノ)」
という言葉に弱いのです。単なるマニアですが・・・・。
ということで、今更ですが、ミゲル・デリーベス氏のご冥福をお祈りするとともに
彼の作品に今度こそ挑戦しようと決意しました!!!ガ・ガ・ガンバリマス・・・。

そんな私、、、最近日本語もヤバイです。
仕事で日本語でメールを書くときに、的確な表現(単語)がどうしても出てこない事が多々あり、
電子辞書の広辞苑が手放せません(恥)。入社2年目に、電話応対コンクールにまで出場し、
鍛えたはずの電話応対も・・・今じゃ崩れまくり・・・。突然日本語で電話がかかってきたりすると
あの~、え~ーっとですね・・・という無駄な言葉が出まくりです。しかも丁寧語、謙譲語、ふつう語が
むちゃくちゃになってる・・・。

ブログを書くときも、きれいな日本語が出てこなくて考え込むこと多々・・・。
記憶力が衰えているのか、日本語力が鈍っているのか?わかりませんが、
日本語も、本を読んだり、新聞を読んだりして、正しいきれいな日本語の表現力を身につけて
おかないとなぁと思いますね。


にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ☆海外ブログ。スペイン情報はこちら☆
[PR]
by acco-esp | 2010-03-14 08:30 | 語学

白く染まったバルセロナ

2010年3月8日、バルセロナが歴史に残る大雪に見舞われました。
朝から降り続いていた雨が途中でみぞれ状になり、その後完全に雪に・・・。
しかもすごく吹雪いていました。
それでも、まさか積もらんやろーとタカをくくっていたのですが、午後になっても
一向に雪は止まず、ついに積もりだしました。

スペイン滞在5年目にして、バルセロナでこんなに雪を見るのは初めて。
思わずオフィスから皆で写真をパシャパシャ撮りました。
e0145739_18334798.jpg


まったく止まない吹雪を見て、上司が「今日は17時半に切り上げよう」
(定時は18時です)とおっしゃったのですが、その後さらにひどくなる様子を見て
「いや、やっぱり17時に帰ろう!」と決断。
よって、17時過ぎには地下鉄の駅に向かったのですが・・・・
とにかく風が強いし、風が冷たくて・・・いつもはなんでもないたかだか歩いて5分の
距離がえらく長く感じました。

ディアゴナル通りは17時過ぎの時点ですでに渋滞。
e0145739_18354727.jpg


道中、これは一生になんど見れるかわからないから写真撮っておかないと・・・と
吹雪に負けず携帯で写真撮っていたのですが、同じように写真を撮ってる人たちが
周りにもいっぱいいて余程ここの人にとってこれだけの降雪&積雪が珍しいだなー
と感じました。

オフィス前の公園
e0145739_18361767.jpg


エルコルテイングレス前
e0145739_18364712.jpg


そして到着した地下鉄の駅。なんと駅構内への入場制限をしていて、入口で
待たされました。その間に、駅に降りる階段は人でいっぱい。
そこでも写真撮ってる人続出(笑)ってことで、私も写真撮りました。

飽和状態の通路。
e0145739_1834208.jpg


階段付近もこの通り。
e0145739_18343997.jpg


地上では、バスや電車が運転を中止し、道路は渋滞で大変だったみたいです。
この程度の雪で、そこまでマヒするかねー?と言いたくもなるけど、
雪知らずの地だったら仕方ないですね。

家について部屋から見た景色がこちら。真っ白~。
e0145739_18375626.jpg


一夜明けた今日は晴れ。昨日の雪は幻か?という感じ。
道路はかなり凍結してましたが、市の職員の方々が朝っぱらから
道を整備してくれていたおかげで、私もこけなくてすみました。ホッ。

そして、オフィスからこんな素敵な景色も見ることができましたよ。
e0145739_18392438.jpg

まさかここで雪化粧した山を見ることができるとは。
こんな歴史的瞬間(?)に遭遇できてよかった☆

今朝の新聞も、一面雪の記事。
e0145739_18395022.jpg


「雪にみまわれた昨日の様子は、カタルーニャ人達の歴史に残る思い出のアルバムの
一ページとなるであろう。」

「数多くの観光客達も、まさか雪の積もったサグラダファミリアやぺドレラの写真を持ち帰る
事になるとは予想もしなかったであろう」

というコメントもありました。
雪とは無縁の私のスペインの思い出のアルバムにもしっかり加えさせていただきました。

☆バルセロナ、、、、これなら、冬季オリンピック立候補もありかな?
(バルセロナといっても、実際にはカタルーニャ州というくくりで、雪が多くスキー場も
ある付近を会場に考えて立候補しようとしているようですが・・・)


にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ☆海外ブログ。スペイン情報はこちら☆
[PR]
by acco-esp | 2010-03-10 06:23 | バルセロナ生活

念願の永住ビザ取得

やっとゲット!
「タルヘタ デ レシデンシア ペルマネンテ(永住ビザ)」♪♪♪

”スペインで働きたい!!でも、求人はあっても条件のトップに挙がるのは
英語力でもスペイン語力でも経験でもなんでもなく、「労働ビザを所有すること」。
じゃ、スタートラインにも立てないじゃないかー。
一体どうしたらいいのーーー???”

と叫びながら仕事を探していたあの頃から、スペインでの労働ビザ = 私の夢
でした。のどから手が出るほど欲しかった!!
その労働ビザをいったん取得してからの次の目標は、5年頑張ってきちんと働いて
スペインの永住ビザをとることでした。

あれから5年がたって、それが実現して本当に嬉しい!!

永住ビザと言ってもいったんとったら一生ものっていうわけではなく
もちろん5年ごとに更新しないといけないし、半年以上スペインを離れたら失効
(どうやってコントロールしているのかは疑問ですが)といった条件はつくけれど
何より、”基本的には何の問題もなく更新できる”という保証があるのが嬉しい。

1回目、2回目の更新時にはしっかり仕事についてないといけないとか、
1年のうち何パーセント以上働いていないといけないとか、色々条件も厳しいし
更新を申請してそれが受け入れてもらえるかどうかも100%保証されている
わけではないし、いつもカードを手にするまではなんとなくドキドキしていたので・・・。

それに、あの対応の悪い移民局に5年間行く必要がないというのも嬉しいっ!
もちろん、少し前に比べたらビザの更新システムもかなり改善されて、朝早くから
長蛇の列に並ぶ・・・なんてことはなくなりましたけどね。

これから5年間をともにするこのビザの写真は、2008年初めにパスポート更新用に
撮影した証明写真。最近の写真を使う事って書いてますが、別にそんなに変ってないし。。。
その2008年はすごく調子が良かったし、2009年の就活の履歴書にも使って
無事就職も決まったし、ということで、なんとなくラッキー写真のような気がするので
お守り代わりに、同じ写真を使ってみました。今年も運気アップするといいなぁ。
次の更新のとき、一体どこで何をしているのかはさっぱり予想できないけれど、
一日一日、大切に過ごしていこうと思います。

あ、次の帰国の時にはジャパンレイルパスも買える!!(日本国内版ユーレイルパス)



にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ☆海外ブログ。スペイン情報はこちら☆
[PR]
by acco-esp | 2010-03-08 05:01 | バルセロナ生活

1年半ぶりのサラゴサ

先日、サラゴサで開催されていたとある見本市に行くため、一泊二日でサラゴサに
行ってきました。
最後に行ったのが2008年のピラール祭のときだったので実に1年半ぶり。

着いたらまずは見本市会場で、市場調査&可能性のあるパートナー探し。
展示会・見本市って、いつもそうだけど、とにかく歩きまわらないといけないので
足が棒。18時頃、ようやく引きあげようとなった頃にはヒールのせいで足が痛くて痛くて
駐車場まで歩くのもしんどかったです~。

そのうえ、すごい強風。
そう、ここはあの風の強いサラゴサなのです。

2年前のちょうど今頃を思い出しましたよ~。
強い強い向かい風に立ち向かいながらエキスポ公社のオフィスまで
ひたすら歩いた頃を・・・。

ホテルは、残念ながら見本市会場のすぐそばを予約することになったので
(私は町の中心が良かったんだけどねぇ) (苦笑)、夕食も当然その辺り。
でもどうせならホテルのレストランで・・・のほうがマシだけど、レストランOPENが20時半。
日本人駐在員さんたちはそれまで待てない・・・とおっしゃるわけで、
近くのショッピングセンター内のファーストフード的なBarに入って食べることになりました。
時間は19時。ごはん食べてるのは私達くらいでした。

でも、おかげさまで21時半には自由の身に!

・・・ということで、サラゴサに住む友達にTEL. 
ホテルに迎えに来てもらってそこからひっさびさのサラゴサの町に繰り出しました。

仮オフィスがあったパセオ・インデペンデンシアとか、、、、
e0145739_6252175.jpg

ピラールとか、、、、
e0145739_6261894.jpg

懐かしかったです、

そしてよく行ったタパス街に行って、ワイン飲んで・・・
お腹いっぱいだったけど、これだけははずせない!と行く前から思っていた
「マッシュルームの鉄板焼き」も食べてきました。あーおいしかった~。

で、12時頃お店が閉まって追い出されたのでそこを出て、
帰り道に、懐かしい場所に連れていってもらいました。

まずは毎日通ったエキスポ会場。
テーマパビリオンは全部撤去され、各国パビリオンは残っているものの
壁は全部取り払われ、オフィスにすべく工事中!?とのことですが、
とにかく骨組だけの建物がちらばっている感じでまるで廃墟。
あんなに苦労して建てられたパビリオン達が翌日にはあっけなく壊され、
あれから2年もたつ今でも再利用にはほど遠い状態で、、、
なんだか悲しくなりました。
あの数か月は夢だったのか?という感じ。でも、予想はできてましたけどねぇ。

ちなみに、会場すぐ隣に建てられたホテルも閑古鳥が鳴いていて
客室全体の半分は閉鎖しているそうです。

(余談)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私達が今回宿泊した見本市会場まで車で5分の所に位置するホテル。
新しいので綺麗だしお洒落だけど、実は建物全部は完成してませんでした。
つまり、完成した部分だけ開けて周りはまだ工事中。さっすが~。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

続いて例の砂漠のエキスポ村に行きました。
工事中だった周りのピソも完成して、人が住み始めていたりして
路駐されている車の数はかなり増えていたし、電気がついている
家も増えていたとはいえ、相変わらず閑散としてました。
わかる人にしかわからない写真ですが・・・住んでいたla caza通り29番の前。
e0145739_6274086.jpg


せっかくだから昼間に見にきたかったけど、またの機会に。
短い時間だったけど楽しいサラゴサツアーでした。

ホテルに帰ってからは、楽しみにしていたお・ふ・ろ最近、バスタブにたっぷり
熱いお湯をはってお湯につかることが出張の楽しみになのです。
今回は日本から持って帰ってきた温泉の素まで持参。
お湯が熱すぎたせいか、のぼせてしまって出たときフラフラでしたが(笑)
気もち良かったです~。リフレッシュ!!

翌日は、午前中だけ再度会場を訪れ(1日目より収穫あり☆)、午後には
バルセロナに向かいました。
サラゴサ。。。近いようで遠いけど、またエキスポメンバーで遊びに行きたいなぁ。
去年から言い続けてるけど実現していないので、今年こそ同窓会@サラゴサを
実現させるぞっ!



にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ☆海外ブログ。スペイン情報はこちら☆
[PR]
by acco-esp | 2010-03-06 21:27 | お出かけ(近場)