Bichito accoのスペイン大爆走

accoesp.exblog.jp

念願かなってスペインに渡ってはや8年目。日々のドタバタ劇をありのままに綴っています。

<   2008年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

皇太子殿下御来館

去る7月20日、日本館に皇太子殿下がお越し下さいました。

舞台裏としては、ジャパンデー(7月21日)公式式典の準備はもちろんのこと皇太子殿下御来館が一番の山場。7月にはいってからは、すでにサラゴサで勤務しているスタッフ以外にも、日本からものすごい数のスタッフが準備、対応のためサラゴサ入りし、館内のオフィスは常にピリピリと緊迫した空気に包まれておりました。

当日は、お迎え準備および皇太子殿下御来館のため日本館は一時閉館。
(ナショナルデー当日に閉館するパビリオンは多いものの、前日から閉館するところはあまりないようです)

私のその日の最初の任務は、閉館のための待ち列カット対応。
事前にお知らせ看板は出していたものの、当日来た人にとっては納得のいかない事実でもあり、突然の待ち列ラインカットの瞬間から、なぜ?なぜ?なぜ?と大勢のお客様から問い詰められました。それでも、日本のプリンスが来るのです。申し訳ございません。と説明をすると、あらそうなの、それは仕方ないわね!とすんなり納得してくださる方も少なくありませんでした。

さらなる”直前の”最重要課題は、館内完全清掃。
閉館後1時間半で、朝のお客様が帰ったあとの日本館をすべて念いりに清掃してもらい、殿下に気持ちよく御見学してもらえる状態にしなければなりませんでした。そんなときに限って必ず何かが起こるもの。3人来るはずが2人しか来ず、なんで今日に限って!!!それじゃー時間が足りないよーーー、掃除が間に合わないっ!!!とみんなでドタバタ。それでも、あっちも!こっちも!と容赦なく飛びかう指示に嫌な顔もせず、「日本のプリンスが来るんだから私たちも頑張らなくちゃ」と、清掃のおばちゃん達もいまだかつてないすごい勢いで頑張ってくれました。重い重い掃除機をひきずりながら、必死に頑張ってくれている後姿を見て、なんだかほろっとしてしまいましたよ。

また、その日は日本館の目玉展示であるシアターでの演出の日本語音声ガイドを再生する役割も。
舞台裏にて殿下のシアター入場をドキドキしながら拝見し、もう一人のスタッフとスタンバイしていた私。日本館のシアターの演出はとても素晴らしいのですが、スペイン語ナレーションのみだったのでエキスポOPEN後に急きょ英語と日本語の音声ガイドシステムが導入されました。が、追加システムであるため、完全なるマニュアル操作で、誰かが映像を見ながら最適なタイミングで再生機をONにしないといけません。
そして、そのタイミングがずれると、ナレーションと映像がずれてしまい登場人物カッパ君がまだ何にもぶつかっていないのに「おっとっと」というセリフが流れたりしてしまうわけです。

最近、完璧なタイミングで再生できるようになっていた私は自信をもって臨んだのですが、、、本番に弱すぎるっ(涙)。あまりの緊張にコントロールがくるってしまい、なんと本番では普段より2秒くらい早くONしてしまいカッパ君のセリフと映像にずれが生じてしまいました(号泣)。

たかが2秒のことかもしれないけれど、こんな重要な場で普段できていたちょうどいいタイミングでの再生が
できなかったことに一人、かなり凹んでいた私です・・・・。皇太子殿下にも、政府代表にも申し訳なくて申し訳なくて・・・。もちろん、最後の最後に「大丈夫?変わりにやろうか?」と声をかけてくれた方に「大丈夫です。私がやります」と言いきってやっただけに・・・その方にも申し訳なくて・・・。ほんとに皆さん、すみませんでした。

でも、そんな出来事をよそに、その後素晴らしいプレゼントが私を待ち受けていました。

殿下が日本館を出発される際、スタッフ一同が出口に並んでお見送りをさせて頂けることになり、私も出口のすぐそばで他のスタッフと殿下をお待ちしておりました。テレビを通じて拝見するのと同じく、温かく優しい笑顔で出てこられた殿下。一人一人の目を見て微笑み、ゆっくりと歩いていらした殿下が、なんと私の前で足をとめ、お声をかけて下さいました。

心臓が飛び出しそうなくらい緊張しながらも一生懸命“丁寧な言葉で”、なんとかお答しました。私が話をしている間も、優しい微笑みをうかべながらじっと私の言葉をうなずきながら聞いてくださいました!感激でした。あんな至近距離で殿下を拝見し、会話する事ができたなんて、ほんの少しの時間ではありましたが、私にとっては貴重な貴重な体験でした。一生の思い出になりそうです。

また会話の最後には、
「日本館は素晴らしかったです。」「頑張ってください」という言葉も残して下さいました。
その場にいたスタッフと共に改めて感激した瞬間でした!

こうして、ジャパンデーの前日・皇太子殿下のお迎えは無事終了いたしました。
[PR]
by acco-esp | 2008-07-31 02:39 | Expo Zaragoza 2008

EXPOグルメ パート2

EXPOグルメではずせないのはやはり日本食!??

このサラゴサの地に上陸した正真正銘本場の日本食レストラン
その名も「やしま」。
バルセロナにて、高級本格派日本食として有名な「やしま」のEXPOサラゴサ店です。

純和風空間への入り口
e0145739_432474.jpg


日本にタイムスリップしたかのような情緒あふれる空間
e0145739_4325059.jpg


落ち着いた雰囲気の店内
e0145739_4343665.jpg


e0145739_4345962.jpg


メニューは、焼きそば、おそばなどの一品料理(約12ユーロ)からランチメニュー(ステーキ御膳・天ぷら御膳など 25ユーロ)、おなじみお寿司、お刺身のもりあわせ、などなど。
先日、友達が来てくれたので初めてちゃんと入口から入ってお客さんとしてランチを食べに行きました。

ステーキ御膳
e0145739_4375862.jpg


お肉もジューシーでとてもおいしかったです。
ご飯はかやくご飯がついていました。
ボリュームたっぷり。これで25ユーロなら納得の価格!?

是非、日本館を訪れたあとは「やしま」へどうぞ。
[PR]
by acco-esp | 2008-07-18 04:39 | Expo Zaragoza 2008

EXPOグルメ パート1

私がついつい足を運んでしまう所。
そこは、日本館から歩いて3分くらいのベルギー館。

e0145739_3505445.jpg


私のお目当てはこちら
<GODIVAのブラックチョコレートシェイク>

e0145739_3501093.jpg


初めて口にしたときからすっかり虜になってしまいました。
もう何度口にしたことでしょう?(たぶん6回以上・・・)
暑い夏にチョコレートなんて!と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが
不思議なことに、このチョコシェイクは「甘さひかえめ・のどごしすっきり」で
後からのどが乾いちゃう~なんて事もないんですよ。

一度、ベルギー館の方にこのシェイクを御馳走になったことがあるのですが
その方も「このシェイクはねー、不思議と清涼感があっていいんだよね」と
おっしゃっていました。さっすが、本場ベルギー!?

お値段は5ユーロ・・・だったのに、あまりの人気に自信が出たのか6ユーロに
値上がりしちゃいました。

味はブラックチョコレートのほかに、ホワイトチョコレート、カフェもあります。
頼めばもれなくたっぷりの生クリーム&チョコ・キャラメル・ストロベリーのソースを
ふんだんにかけてくれます。何を隠そう、全種類味見してしまいましたが、断然
ブラックチョコがお勧めです。
チョコ好きの人は、EXPOに来たらなんとしても行ってほしいのがこのベルギー館です。

<GODIVA売り場>
e0145739_3582584.jpg


チョコレート売り場の手前は、軽くビールをひっかけて談笑できるスペース。
バラエティあふれるベルギービールを堪能できますよ。
e0145739_3594189.jpg


2階のレストランでは、ランチが17ユーロ(18だったかも?)で食べられます。
夜のアラカルトだったら、ばけつ一杯にはいったムール貝のビール蒸しは外せません!
是非、ご賞味あれ。

またパビリオン内のショップでは、GODIVAやGallerのチョコレート、ベルギーワッフル、クッキー、ビールとグラスのセットなどさまざまなお土産も購入できます。
[PR]
by acco-esp | 2008-07-18 04:00 | Expo Zaragoza 2008
このところ宿舎のインターネットが使えず、すっかりパソコンから遠のいておりました。
実は最近全くエキスポ散策をしておらず、新ネタがないのですが、まだアップしていない
データがあったのでそちらから御紹介します!

The 各国パビリオン紹介 パート2!!!


<韓国館>
これまで見た他館の中で一番気に入ったのがこの韓国館。絶対お勧めです。
メインの見せものは3Dのアニメーション。その名も「Water Giant」
一切セリフがないアニメーションなのに、心にぐっとくる内容でクライマックスには
ほろっと涙が出そうになり、映像が終わった瞬間自然に大きな拍手を送ったほど。
是非、もう一度Water Giantに会いに韓国館に行きたいと思っっているaccoです。

また韓国館では一日に3度だけ、3Dアニメーションのかわりに
韓国の民俗舞踊も披露されています。時々、午前中に宿舎の外で踊りの練習を
しているのは見たことがあるのですが、本番を見たことがないのでぜひとも近々
見に行きたいものです。

余談ですが、この韓国館メンバーの一部は私が住む宿舎の同じ棟に滞在されています。
毎晩0時頃から、スマートで綺麗な韓国人女性が下の広場で縄跳びをしています。
絶対0時頃。どんなに寒い日でも。毎日毎日。ボクサーのようにひたすら縄跳びをしている姿に
プロ意識を感じます。プロポーションを保つため&体力維持のためなんでしょうね。
いつもそれを上から見ながらルームメイトと「私らも縄跳びする?」「いや、横でフラフープでもしよか?」と言いながら、言うだけで終わり部屋で飲んで食べて床に就く日本人チームなのでした。

<韓国館の外観>
真白な外壁はぎっしりとハングル文字で埋め尽くされています。
COREAという文字が、夜になるといろいろな色に光ります。
e0145739_227782.jpg


<パビリオン内のショップにて>
いくつかのパビリオンは、中にショップを設けています。
韓国館では、韓国ならではのとてもかわいい小物やアクセサリーなどが販売されています
。買いたい~、でも高い・・・と、いまだ買うのを躊躇していますが、気に入ったグッズがこちら。
コリアンフードのマグネット。
e0145739_22233225.jpg


店員さんは、ご覧のとおり民族衣装チマチョゴリ姿でお出迎え。
踊り子さんはもちろん、パビリオンにマッチした真白のスーツ姿で迎えてくれるアテンダント、チマチョゴリの売り子さん、みんな美しくて素敵なアジア女性ばかりです。やっぱり、韓国人女性は綺麗だな~と再認識。
e0145739_14231028.jpg


以上、acco一押しの韓国館情報でした。
[PR]
by acco-esp | 2008-07-16 22:24 | Expo Zaragoza 2008
もう二日も前のことですが、、、

イベリア大陸全土が真赤に燃え上がりました。
アツい、アツい夜でした。
そしてその夜、スペイン中に歓喜の嵐が沸き起こりました。


それは44年ぶりの歴史に残る瞬間!

そう、スペインナショナルチームが、Eurocopa(欧州選手権)で
優勝カップを手にしたのです。


(優勝カップを高々と持ち上げるキャプテン イケル カシージャス)
e0145739_19144929.jpg


フェルナンドトーレスの、ディフェンスをかわし、ゴールキーパーを飛び越えての
勝利のゴールはお見事でした。
映像はこちら

私は、その日EXPO会場内の円形劇場(コンサートなどに使われる)の大画面で

エースパーニャ チャ チャ
エースパーニャ チャ チャ

と、大声援を送りながら勝利の行方を見守りました。

(試合前の円形劇場)
e0145739_1973751.jpg


マドリッドのコロン広場ほどではありませんが、EXPO会場にもこんなに
人が集まったんですよ。
(円形劇場外部の大画面前)
e0145739_198378.jpg


(盛り上がる会場)
e0145739_1994158.jpg


会場では、EXPO公式マスコットのフルービーもナショナルチームの赤いユニフォームを
着て応援していました。写真では見えませんが、背中にはちゃんとFLUVI という名前と
背番号が書かれていたんですよ。かわいかった~
e0145739_19111535.jpg


「にわかサッカーファン」「お祭り好き」の私としては、
こんな貴重な瞬間を、スペインでリアルタイムに味わえて
最高でした!!!

♪♪♪ CAMPEONES CAMPEONES OLE OLE OLE ♪♪♪

ちなみに、優勝の余韻を残したまま円形劇場では更なる盛り上がりが・・・
現在5チャンネルで放映中のオーディション系歌番組(オーディションで受かった人が
TV局が用意した学校に入り、共同生活を送りながら歌やダンスのレッスンを受け
デビューを目指す)に出場中のメンバーの初コンサートがEXPO会場で行われたのです。

サラゴサに来たときから、ルームメイトと共に毎週欠かさず(?)この番組を見ているので
実はこのコンサート、前から結構楽しみにしていたのです。
23時スタートで1時まで、大いに盛り上がりました。
サッカー+コンサート、Wで楽しい夜でした!!
やっぱりいいなあースペインの夏。
e0145739_1941135.jpg

[PR]
by acco-esp | 2008-07-01 19:20 | サッカー