Bichito accoのスペイン大爆走

accoesp.exblog.jp

念願かなってスペインに渡ってはや8年目。日々のドタバタ劇をありのままに綴っています。

<   2007年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ひとりごと

こっちに居て日本人に対する意見として一般的によく言われる事。
それも日本人を良く言ってくれる人100%が同じ事を言う。

EDUCADOS y RESPETUOSOS
礼儀正しくて他人を敬う

日本人だと言うだけで、こんな風に言ってもらえるのは
日本人として嬉しい事であり、誇りに思うべき事だと思う。
でも、最近の私、、、、この言葉を言われても、嬉しいと思ったり、
「そんな風に言ってくれてありがとう」”なんて言えなくなっている。
それどころか複雑な心境に陥る。

そして出てくる言葉とは、
「うーん、人それぞれですけどね。。。」

この言葉の心は、
「私はそうじゃない!全然そうじゃないんだよ~」

だからそんな風に言われて申し訳ないような気分になったり、
そうでない自分に憤りを感じたり。

どこに居ようと私は日本人であるわけだから、決して日本人の良さを
失ってはいけないと常に思っている。
なのに私、その逆を暴走中のような気がする。

都合のいい時だけ、「だってここ日本じゃないし、、、」なんて
自己中心的な考えが端々に出て、それが態度、行動として現れる。

そもそも、モラルや礼儀正しさというのは国籍が何であろうが、どこの国で育とうが、
どこに住んでいようが関係なく自分自身がしっかりと持ち続けるべきものなのだろう。
なのに、私ときたら、そんな大切のものを失いつつあるようだ。気をつけなければ!
自分自身を反省するばかりの今日この頃。

昼下がりの独り言でした。
来週から勤務時間が夏時間。一日一日を楽しまなければ。
[PR]
by acco-esp | 2007-06-30 23:38 | バルセロナ生活

HAPPY WEDDING

少し前の話ですが、、、

6月。気持ちいい程快晴に恵まれたある土曜日の昼下がり、素敵なカップルが永遠の愛を誓いました。

タキシードでビシっと正装している新郎が私の会社の友達B君。頭がよくて、仕事熱心で、着々と昇進もしているしっかり者。この業界初心者の私にいつも優しく色んな事を教えてくれた大切な同僚です。新婦のMちゃんとは、何度かみんなで遊びに行ったりしていたのですでに顔見知り。小柄で目鼻立ちの整ったとってもキュートな女性。


e0145739_13274132.jpge0145739_1328103.jpg


さて、その日のスケジュールはと言いますと、、、

教会での式開始(予定)は13時。
でも新郎新婦の到着は13時半。式は30分以上。
(以外に長くて驚いた。でも神父さんの話にみんなうけまくっていた。私には何がおもしろいのかよく理解できず、、、残念)

その後、披露宴会場のホテルへ移動。
当然、なかなか始まらない。

ようやくホテルのロビーで立食バイキング開始。
新郎新婦は写真撮影のためまだ現れず。
あっという間に食べ物がなくなり、皆そこらへんのソファに座ってまったりしだす。眠気が襲ってくる。

ようやく新郎新婦が到着し、披露宴、つまりお食事が始まったのが多分夕方6時くらい。え?これって昼食じゃなかったの?ほとんど夕食(スペインではおやつの時間?)。まあ、どっちでもいいのだけど・・・

見た感じ、日本の披露宴と同じ感じだけれど、司会進行する人などもちろん居ない。超自由。
お母様へ花束贈呈の際、B君涙ぐんでた様子。少しもらい泣きしそうになる。

食事はおいしかった。でも、、、バイキングのおかげでお腹がすいていない。もったいないけど完食できず。 これまた残念。
そのうち、アップテンポの音楽が流れ出す。ちなみに、会場の片隅におっさんDJも在席。

そこらへんでちょろちょろと踊りだす人が一人、二人と増えてゆく。最後には私たちも参加。披露宴会場はディスコ・Barと化す。楽しかった~♪ こういうの久しぶり。会場は夜12時まで貸切。その後みんなはディスコへ繰り出す模様。私もほんとはもうちょっと残りたかったけど、、、足がないと帰れない。という事で一緒に来ていた友達カップルの車で帰路につきました。

今、二人は「微笑みの国」タイにて15日間の新婚旅行中。
結婚おめでとう!末永くお幸せに☆
e0145739_672037.jpg

[PR]
by acco-esp | 2007-06-22 07:16 | バルセロナ生活
昨日ついにジムの申し込みに行ってきた
実は、ジム探し始めたのは去年の10月。
ベリーダンスを始めたのもその時。
なぜなら痩せたかったから。
でも、結局ジムには一度しか行かず、ベリーダンスは入門クラスだから痩せるほど体動かせなかった。
そもそも、スペインに来ただけで太ったけどそれだけではない。とにかく去年一年間節制しなさすぎ。

特に、

(去年春)日本帰国・・・これでもかと食べまくる
(去年夏)クララ(毎度ですがビールのファンタレモン割)に目覚め、平日からけっこう飲む
夜出かける事も多し。出かければなんか口にする。それが続く
(去年冬)外食多し。スペインの夕食は9時以降。つまり遅い時間に食べまくる
(その他)カフェコンレチェ+クロワッサンの朝食が癖になるそれを励みに朝、早起きしてたようなもの

そして今に至り、acco人生最大級の太り、たるみ具合。
まだまだ女を捨ててはいけないのに。これではいかん。
しかも異動してから仕事で座ってる時間がやたら長い。
服はきゅうくつ。着れる服が限られてきた。日本から持ってきたお気に入りのワンピース、スカートなんて見苦しくて着られない。いや本当にファスナーが閉まらないものも(苦笑)。

もう夏だっていうのに、こんなんじゃイカン。

引越しを機にジム探しをはじめた私。
見かけに弱いもので、ちょっと遠いし、かなり高いけどスペインの有名チェーン店Dirに行こうかと思った。
見学行って確かに綺麗だし惹かれた。でも今の私の家計では苦しい出費。しかもプールが小さい。。。。ボツ

そんなこんなで家からすぐの所にある、市がやってるジムに決定。家から徒歩約5分。ポイントアップ!
しかも今は入会金も無料。プールも大きい。前からやってみたかったBatukaのクラスもあるし(土曜の朝だから朝起きの励みにもなるだろう、うん)いい感じ。

このダイエットは誰のためでも何でもない自分のため。
この所、本当に体が重いと感じ、余りに余った贅肉の存在により気持ちがブルーになるのです。結構深刻です。
そんな自分におさらばしたいから、意地でも頑張ります。
もちろん食生活も見直さないと・・・

まず、決めた目標は

●クロワッサンは週末だけ
●会社で飲むコーヒーは砂糖なしで最高でも二杯まで
●水(又はお茶)を一日2リットル飲む
●夜は早めに控えめに
●間食はやめる

頑張ります。では今から初ジム、行ってきます。
目標5kg減

☆追伸☆
はりきって行ったものの、シューズを忘れて家まで取りに帰るはめに。準備が甘かった。
でも家が近いので助かった~。
気を取り直してもう一回行ってきましたよ。

なにせ日本でもジムでマシンなど使ったことがない。おそるおそるジムのお兄ちゃんに”あの~初めてなんですけど(病院の初診みたい!?)、マシンの使い方教えてほしいんですが・・・。それとプログラムも作ってもらえますか?”と聞く。

”目的は?””どんな事が気になるんですか?”と聞かれ、

即答 ”痩せたいんです!””贅肉落としたいんです、二の腕とか、下腹とか、足とか・・・”と一気に言う。

”週に何回くらい来られますか?”と聞かれ、

即答 ”最低3回は来ます”(=来るのだ!)

とても感じのいいお兄ちゃんで、親切にマシンの使い方を教えてくれる。プログラムは明日にはくれるらしい。 そんなこんなしてる中、パワーダンベルというクラスの時間に。マシンを置いて、クラスへGO。

むちゃくちゃ部屋が狭いのに、人が多くて うへぇ~と思ったけど、期待以上の内容。軽めのバーベルを持ってアップテンポの音楽にあわせてエクササイズ。二の腕、太もも、お尻、、、それぞれの箇所に効く効く。45分なんて短いなーと思ってたけどとんでもない。十分でございました。 明日はマシンとプールだ!今のところ、やる気満々。
[PR]
by acco-esp | 2007-06-20 02:23 | 美容・健康・ダイエット

引越しました

去る6月3日(日)、1年半過ごした家から新天地
サグラダファミリア真隣に引っ越しました。
ほんとものすごい荷物で一時はどうなることやら・・・と
思いましたが心強い友達の助けにより無事終了。

意外と物を収納するところがなくて置き場に困った箱が
いまだ部屋の内外にあふれているのだけど 、
やっぱり部屋は広いし、窓は大きくて風は通るし、
光も入るし、何よりそれが最高です!

なかなか部屋が片付かないのでいつ写真を載せられるか
わかりませんがそのうちお披露目します!

でも、その引越し当日悲しく腹立たしい事件が・・・。

引越しを手伝ってくれた我が友の自転車と私の自転車を
家の前の木に4つものチェーンでくくりつけていたのに、
その晩二台とも盗まれてしまいました。
友達にとってはスペインにて2回目の惨事。
私の自転車はもうすぐ1歳になろうというところだったのに。
気に入ってたのに。
しかも彼女にもらった誕生日プレゼントの荷台がついていたのに。
くやしい~(号泣)かなし~(号泣)I

でも、いつかは盗まれるかもって思いがいつもどこかにありました。
そういう話をよく聞いていたから・・・。
盗られた物は返ってきやしません。

そういえば大学時代、バイト先の整骨院の先生にプレゼントしてもらった
ショッキングピンクの超お気に入りの自転車を”自分のマンションの駐輪場”で
盗まれた時も同じくらい悔しかったな~。
ピンクの自転車を目にするたびにチェックしたものです。

新しい我がピソにはエスカレータがありません。
自転車かついで3階まで上がるのも大変だし、かといって
家の前に停めてたら盗られるのが目に見えている。

だから私はバルセロナ市の画期的なサービスBICINGの登録をしました

地下鉄やバスのように、自転車を公共機関として使おうという新しい試み。
町のあちこちに備え付けられたスタンドからスタンドまで自転車で移動。
場所によっては手軽で便利なはず。なかなかおもしろいサービスだと思います。

さてさてこのサービスいかがなものか?
BICINGについてはカードが届いて、使えるようになったら
詳細レポートいたします。(間延びしますがお許しを!)
[PR]
by acco-esp | 2007-06-12 03:18 | 引越し・住まい

残り2日

このところ会社から帰ってから、毎日ポコ ア ポコ(少しずつ)荷造りしてます。
でも結局暮らしながらだと毎日使うものもあり、なかなか進まない。
その上部屋が狭いときた。箱に詰めたものはどんどん廊下に出さないとすぐに足の
踏み場がなくなってしまう。
e0145739_2384869.jpg


廊下はこんなダンボールの山。
e0145739_2391350.jpg


家を出ると言ってから何となく同居人たちと話づらいのはなぜだろう。
みんなは、「スペースのことならなんとかするから」と言ってくれたり、私が残る事を望んでくれ、去ることを寂しがっている。

だから、一瞬心が揺らいだけど、、、、、、スペースを理由にしたのはほんとのこと言いづらかったからで、本当は「一人の時間がもっと欲しい」から家を変わろうと思ったんだよね。

家で彼女たちと話づらくなり、顔を合わすのをできるだけ避けてしまうのはそんな気持ちが後ろめたさになっていたからかもしれない。
そして、入居したときからずっととてもよくしてくれた彼女たちになんとなく申し訳ない、、、っていう思いもあったからなんだろうな。

残り後二日。日曜日の午後に、かれこれ1年半住んだ(でも、ここに決めた時は”ここに住みながらまたピソ探し継続するぞ”と思って入ったのだが)この家を出ます。

今の家に入居する時、入居日の少し前から荷物だけ搬入させてもらったんだけど、実は、何か物を盗られるんじゃないかと内心心配だった。 (ごめんねーみんな、疑って。)
着いた当日の夜は、上の階の人の足音が自分ちの廊下から聞こえてると思って気になってドキドキした。

あれからもう1年半!?

よく考えたらぴったり丸1年半。だって入居したのが2005年12月3日で出るのが 2007年6月3日だもの。早いものだ。

家出たいといい続けてどれくらい?って感じだけど、いざ出るとなるとなんとなく感傷的になるもんだなぁ。 さてさてラストスパート、頑張るとしよう。
[PR]
by acco-esp | 2007-06-02 03:33 | 引越し・住まい