Bichito accoのスペイン大爆走

accoesp.exblog.jp

念願かなってスペインに渡ってはや8年目。日々のドタバタ劇をありのままに綴っています。

<   2007年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

引越し先決定!!

日記に書いてませんでしたが、先週ようやく引越し先をみつけました。

何軒も何軒も見た中で、唯一ピンときてその場で”私はここがいいです”と言ったくらいなんとなく気に入ったピソです。
そこに住む女の子の意向で、返事を待たされたし、その間私も探し続けたけど、結果的に彼女から連絡がきて、私も他にいい所みつかってなかったからそこに決定しました。
これも何かの縁かと・・・

場所はサグラダファミリアから徒歩3分。
一回住んでみたい地域だったし、あの辺りはカフェも、レストランもお店も沢山あるから場所は大満足。 駅近ってのも5重丸。

地下鉄ラインも希望通り2本走っている。 私の希望条件どおり。
しかもそのうち1本は会社に行くバスのバス停まで乗り換えなしでいけるからとても便利。

同居人はマドリッド出身31歳の女の子。
歳も近いし、感じのいい子だったし、二人暮しってのが何よりもGOOD。
しかもその子は声優さん。ただ、固定収入が無いからと土日の16時から0時まで別の仕事をしている。 つまり週末家に居ない・・・。週末の昼から家を独占できるなんて願ってもない好条件。

しかも料理好き。「たまには一緒に夕食会でも催そうね。」
なんて話が盛り上がる。二人だから友達も呼びやすい。
今の家はもれなく4人も居るから肝心な友達を沢山呼べなかった。

家自体は小さいし、部屋も大きくはない(どちらかというと狭い)けど大きな窓が道路に面してて明るいからこれも希望が叶ったかな。

キッチンだけは広くてしかもオール電化。冷蔵庫も二人でシェアだからスペースの問題はないはず。これでスーパーに行っても心おきなく食材が買えるし、自分の部屋に食料を置く必要もなくなるぅ~。自分のお茶碗や急須もちゃんと設置できそうだわ沢山の調味料類も問題なく収納できそう。

ちなみにミニチュアシュナウザーとも同居。
犬は大好きだからある意味嬉しい。でも汚い犬はちょっと苦手。我が家では愛犬を常にとっても綺麗にしていたからソファに乗ろうがベッドにあがろうが(本当はしつけとして良くないけれど)問題なかった。毎日ブラッシングもしていたから毛にごみ一つついていない清潔な子だったのです。でも、こっちではそんなに頻繁に犬を洗わないみたいだし、当然外を歩いた汚い足で家に入ってソファに上がったりする・・・。それがちょっと抵抗あるなあ。許しが出るなら私はその子を月に一回でもシャンプーしてあげたいぃぃぃ。

土足といえば人間も同じ。家が小さいし、同居人も一人だけだから土足厳禁を提案してみようかななんて思っている。面倒だから嫌って言われるかもしれないけど・・・。どう考えても絶対そのほうが家を綺麗に保てるし、気持ちもいい。

さて、気になる家賃ですが、今より150ユーロアップです。(1ユーロ=160円)給料は同じです。 実は給料の半分近くを占めます。日本では給料の半分のマンションに住むなんてありえないと思いますが、ここではそれが現実なのです。でも私は朝カフェも週末のディナーもたまにお昼に外にランチに行くのもやめられない。たまには服も買いたいし、旅行だってやめられない。小額だけど貯金も続けなければ。もちろんジムにも行きたいし、ベリーダンスも続けたい。つまり倹約家ではない!?

ちゃんと赤字になることなく無事に月末を迎えることができるのか最大の不安です。

本気で副業探さなあかんかな?
サグラダファミリアで週末になんか仕事ないかな?

そういえば、週末あるショッピングセンターを歩いていたら
同じ会社の男の子がハーゲンダッツでバイトしてた。
土日はそこで働いているのだとか・・・。「だって給料安いやん」だと。
やっぱりみんなも苦労してるのね。とほほ

ま、とりあえず暮らしてみます。さてどうなる事やら。

引越しは今週末です。新しい家に行ったらマイルームを一挙大公開いたします~。
ということでご報告でした。
[PR]
by acco-esp | 2007-05-28 05:38 | 引越し・住まい
先週末、会社の友達とウエスカに行ってきました。
ウエスカはスペイン北部、フランスと隣接したアラゴン州にある県。バルセロナからは車で約2時間半の所に位置します。
(来年万博が開催されるサラゴサも同じアラゴン州にあります。)

行ったメンバーは会社の友達6名+その奥さん1名。
金曜日5時半に会社を飛び出し出発です!
アラゴン州、正直言って今まで全く興味がなく、ウエスカという名前も聞いたことあるなーでもどこにあるんやったっけ?くらい知らない場所でしたが、ほんといいところです。

自然がいっぱい。緑がいっぱい。
和みます。はっきりいって和みます!!!
ちょっと車を走らせるだけで、騒々しいバルセロナの生活を忘れてゆったり過ごせる場所があるとは。こんなところで週末を過ごせるなんてなんとも贅沢。
e0145739_23404223.jpg


さて、私たち・・・なんやかんやとありまして結局到着したのは夜の11時ごろ。そこから持ち寄りのトルティージャ・生ハム・チョリソ・チーズ・pan con tomateなどなどを取り出し夕食開始。ありふれたものでもみんなで食べるとおいしい!

翌日はあいにくの雨(しかも豪雨)だったものの、車で近くの修道院(名前忘れた)を見学。ここは信心深いカトリックの人には有名らしく特に南米からわざわざ訪れる人たちもいるのだとか。その後村に唯一のスーパーに買出し。家で昼食をとっている間にようやく雨がやんだので、みんなでテニス・スカッシュをしにいきました!
ここの素晴しいところは、家のすぐ裏にその周辺の人共同で使えるプール、テニスコート、スカッシュコート、サッカーグラウンドがあるということ。もちろんあちらこちらに散歩用の道も設けられています。

夜は前日の残り物で乾杯。食べた後はもちろんダンスタイム?
わいわいガヤガヤととても楽しい夜でした(笑)

最終日、やっと快晴に恵まれましたぁ。
MJちゃんの案内で湖と隣村を訪問。
本当に辺り一面緑満載です。癒されましたよぉ。
e0145739_272634.jpg

ただ一つ、、、困ったことはバルセロナでほとんど影を隠していた私の花粉症が再発した事。一日中くしゃみと目のかゆみで大変した(涙)

あっという間の三日間。思い切りリフレッシュできました。
こんな優雅な週末もいいなあ。でも、やっぱり私はどちらかというと山より海派かな!?
[PR]
by acco-esp | 2007-05-24 04:40 | 2007年旅行

こんな日もあるか・・・

なんか色々うまくいかない。ちょっと疲れた。
唯一、余裕が出てきて楽になったのは仕事くらい・・・?
これも全てピソ探しのせいであろう。

今日も仕事終わってから探しに出かけたけど
なんか空振りばかり。
さらに昨日は、またうるさくて眠れなくてイライラしたから
家に帰る気がせず、、、一人で近所のフィリピン人が
やってるBarでクララ(ビールのファンタレモン割り)と
フィリピン版肉まん?(=おいしかった♪)を注文(さみしー)。
でもここ、人がほとんどいなくて落ち着けるんだなー。
お店の女の子もすごいいい感じの子だし。

その後、意外とビールがまわって顔がほてってきたので、
(つまり、酔っ払っている?)そのまま自転車で町を散歩。
ほんとにボケーっとあてもなく自転車こいでその辺うろうろ
してた。どうせなら、ジョギングにすべきだったかな?

あー変な日。でも、たまにはこんな日もあるか
[PR]
by acco-esp | 2007-05-17 06:58 | 引越し・住まい

★サンバ☆

日曜の夜、シェアメイト達のリクエストに答え
第二段お好み焼きディナーをした。
今回は、「お好み焼き定食」と題して、おつまみの
枝豆とおにぎりも用意。

枝豆は急ピッチで完食。おにぎりも意外と人気があった。
お好み焼きは、キャベツが固くていまいちかと思われたけど
千切りにしたので固さも気にならず・・・。
また前回友達が持ってきてくれた貴重なお好み焼きソースが
残り少なく、たこ焼きソースとのブレンドとなったものの
なかなか美味。満足満足のディナーであった。

さて食事後は、我が家のニューフェイスブラジル代表
レティシアによる"自宅 de サンバレッスン"。
実は私、すでに3回目のレッスン。
去る金曜日の真夜中のレッスンで、ネイティブこそが知る
究極の技を伝授される。それを使えば、腰の動きが大きく
なるのであ~る。

今回は、スープの冷めない距離に住むお友達zou★linも飛び入り参加。
e0145739_1583580.jpg

レッスンは益々白熱し、なんとチリ代表アロンドラが男役になるため顔に落書きをして登場。
e0145739_1585575.jpg

懐かしきドリフの世界である。メキシコ代表パウリーナは、ターンが出来ないっと黙々と
レッスンを受講中。
e0145739_1591853.jpg

近所迷惑ではあったと思うが、、、とっても楽しいひと時だった♪
[PR]
by acco-esp | 2007-05-15 05:11 | バルセロナ生活

とりとめのない日記

昨日、花の金曜日だというのに・・・前日あまり寝られなかったせいか、朝から調子が悪く、とにかく早く家に帰りたかった。そして家に着くなり歯を磨いて、顔を洗って、服を着替えて、外がまだまだ明るい19時過ぎから眠ってしまった。
0時ごろ、うるさくて目が覚めたけど、、、また2時ごろから寝る。なんで私ってこんなに眠れてしまうんだろ。

今日は朝から来月招待された結婚式用の服を探しに行くものの丁度いい感じの服(すごいセクシーなロングドレスとかはよく見るけど、、、)が見当たらない。そんな時思う「梅田で3軒デパートはしごすればすぐ見つかるのになぁー。迷うほどあるのになぁー」。

昼、なかなか素敵なカフェレストランに出会う。
これはかなり気にいった。今度から常連になろうと思う。

昼過ぎ、引き続きピソ探し。超綺麗な新しいとこだった、人もよかった。良い感じの人だった上、ほとんど家に居ないらしい、料理もしないらしいというのがポイント高い。でも部屋は狭いし暗かった。

夕方。友達の引越しの手伝い。すごい荷物。私もすごい荷物になるんやろうなーと荷造りを思い、気が遠くなる。でもダンボールだけは横流ししてもらえそう。助かるなあ。アリガト♪

夜、帰ってきたら同居人たちがサロンでしゃべってる。すぐに寝ようと思ってたけど、彼女たちがしゃべってるとうるさくて眠れないから一緒にダベることにした。久々に4人でだらだらしゃべるのもなかなか楽しい。
ちなみに、同居人の二人のチリ人(女)はレズビアン。でもほんと二人とも優しくてお互いを尊重し合う素敵なカップル。ある意味うらやましい。

さて、寝るのがすっかり遅くなったけど明日は早起きしなければ。地下鉄の駅まで自転車で行ったことをすっかり忘れて、自転車置いて駅から歩いて帰ってきてしまった。買って1年未満の私の愛車が盗まれていないことを切に願う。
[PR]
by acco-esp | 2007-05-06 09:35 | バルセロナ生活

Feria de Andalucia

月曜日、バルセロナで毎年行われているFeria de Andalucia(アンダルシアのお祭り)に行ってきました。 これは、セビージャの春祭り(Feria de Abril)のばったもんみたいなお祭りです。

バルセロナは今も国内移民の多い土地。というのも、かつてスペインがまだ貧しくて仕事が少なかった頃、仕事を求めてスペイン各地からバルセロナに人が集まってきたからだそうです。それも特にスペイン南部から・・・。

実際、友達、会社の同僚、ちょっとした知り合いなどにご両親の出身地は?と聞くとバルセロナのある、ここカタルーニャ地方出身の人より外部、特に南部出身のご両親を持つ人がとても多い。 このお祭りは、そんなアンダルシア(南部)人たちが故郷を想う気持ちから始まったとか・・・!?

私もバルセロナに来て、毎年行っています。なんとなく春の訪れが嬉しくて・・・あとは、単なる祭り好き。でも、、、

1年目>学生時代に行った本場セビージャの春祭りを思い出してワクワク♪踊りたくて仕方なかったものの、踊り忘れてるし恥ずかしいしで、結局踊れず。

2年目>同居人のみんなと行く。一回だけセビジャーナスを踊って満足する。あとは飲んでしゃべって、移動遊園地で遊ぶ。
e0145739_1511992.jpg


3年目>なにげにワクワクして行くものの、非常に空腹だったためとりあえずカウンターに座る。注文する。食べる・飲む・しゃべる・・・帰宅。あー、何しに行ったんや~。
e0145739_1514110.jpg

e0145739_152118.jpg


でもなんとなく、年々各caseta(小屋)で踊ってる人の人数が減ってるような???今年はとくに、シケシケやなーと感じてしまった。

ちなみに次の日、同じくフェリアに行っていた私の同居人ラテン人たちとしゃべったところ、彼女たちは軽く腹ごしらえしたあと、会場をぐるっと一回りし、みつけたrincon ratinoという名のラテン音楽がガンガンにかかった小屋で何時間も踊り続けていたらしいです。しかもその小屋が一番盛り上がっていたらしい。

なんでセビジャーナスのお祭りなのに、Salsa/ Merengue/Bachata etc を踊るんだー?私は、なんかちゃうんちゃう?と思ってしまったけれど、楽しければそれでいいってノリなんでしょーきっと。

あ~、わたしゃなんだか久々にアンダルシアに行きたくなってきたよ。
[PR]
by acco-esp | 2007-05-03 05:24 | レストラン・Bar・ワイン