「ほっ」と。キャンペーン

Bichito accoのスペイン大爆走

accoesp.exblog.jp

念願かなってスペインに渡ってはや8年目。日々のドタバタ劇をありのままに綴っています。

カテゴリ:仕事( 15 )

おや?もう10月も半ばではないですか。
どうりで寒くなってきたはず。。。

うちのオフィスは西日がもろにあたるのですが
夏は太陽の位置が高いので午後でも直射日光が
目に飛び込んでくることはありません。
でも、9月を過ぎた頃から、ランチタイム後は
もろに西日が顔面を直撃(私の席は窓に向かって位置している)
するのでブラインドをおろすはめになります。
でも・・・そのブラインドがまた役立たずで、おろしても
けっこう眩しいんだな、これが。

とまあ、午後にブラインドを下ろす季節になると
「お、秋ですな!」と思うaccoなのでした。


10月は幸か不幸か!?出張多し。
といっても2回ですが、普段オフィスにこもりきりの私に
とっては「多し」と言えるかな?

10月初旬には、毎年恒例(といってもこれまたまだ2回目ですが)の
うちの業務にも大きくかかわる、クスリ関係の国際展示会のため
4日間パリにいってました。
1日目はうちの会社の内部ミーティング(世界各地から集うので・・・)
2日目ー4日目はずーっと展示会会場。

展示会って、、、日本に居たときからちょこちょこ行ってたけれど
とにかく歩くので足が疲れます!
それなのに、ヒールの高いパンプスを履いちゃうのでこれまた足が
痛い痛い。
でも、毎晩お風呂に入って、足をほぐしたのでなんとか耐えられました~。
ほんとは、ウォーキングシューズ持っていこうかと思ってたくらいなのだけど
注文している靴がまだ届かないので、断念しました。

それはさておき、今年は去年と比べるとミーティングの数は少なかったけど
もっと中身(具体的な案件)のあるミーティングが多かったので
内容は良かったなーと思います。あとは、早く1件でも何か仕事が決まれれば
いいんだけど。
この業界・・・、一度決まれば息がなが~い商売(らしい)ですが、
決まるまでも、なが~い。だから、時々ビヨーンと伸びたゴムのように
中だるみしてしまう私です。まだまだ、甘いですねー。
はい、もっと気合い入れ直して頑張ることにします!

ちなみにパリでは、
空港→ホテル→展示会会場orレストラン→ホテル→展示会会場→空港
というルートのみをたどっていたので、全くといっていいほど
パリの街中を歩いておりません。
唯一歩いたのは、3日目の夜ラーメンを食べに行った時だけかしら?

パリといえば日本食・・・ですよね?(→ヨーロッパ在住が長いみなさん?)
スペイン、特にバルセロナもかなり日本食のレベルは高いと思いますが
本格的な日本のラーメン屋や焼き肉屋といった類のお店は残念ながら
まだ無いんですよね。
ということで、駐在員のみなさん(from Spain, Germany, India)に
連れられ、サッポロラーメンのお店に行きました。
20時だというのに店内満員御礼(スペインではありえない・・・)。
熱気ムンムンで、ほんとに日本だったらどこにでもありそうなラーメン屋さん。
そして、なんと私の好物「塩ラーメン」まであるではないですか!
迷わず、カロリーなど気にせず、「塩バターコーンラーメン」を注文しました。
うん、おいしかったです。

ドイツからの駐在さんは、リトル東京たるものが存在し、それこそ本格的な
日本のラーメン屋さんがあるかの有名なデュッセルドルフから来られているので、
「●●さんにとっては珍しくもないですよね?」とお尋ねしたところ・・・
「いやいや、デュッセとはまた違う本格さがパリはいいですよ」と満面の笑み。
しかも、意外や意外、パリのラーメンの方が安いそうです。競争が激しいから
ですかね?インド、ムンバイからの駐在さんはもちろん大感動。
「カレーは一生分たべましたけど、ラーメンどころか日本食そのものに
飢えてますよー」との事。
チームスペインは、、、「うーん、バルセロナ、おいしくてリーズナブルな
日本食レストラン増えてるけど、ラーメンだけはねぇ・・・」
所変われば事情も変わる。。。おもしろいもんですねー。

と、大満足していたのは日本人だけで、ベジタリアンのインドの現地スタッフの方が
食べられるものが無くすごくかわいそうだった。
彼がベジタリアンってこと完全に無視した選択でしょー?このお店・・・と後から
思っちゃったaccoです。
店では、「チャーハン肉抜きできますか?」などなど聞いてたけど、融通利かなくて
だめ。でもなぜか焼きそばは肉抜きができた。なぜ?
ということで、肉のない焼きそばとサラダとお味噌汁を食べてらっしゃいました。
きっと後でお腹すいただろうなー、かわいそう。
でも、おいしかったよー焼きそば!とおっしゃってましたけどね。

きっと、日本に居る皆さんは、「なんでパリまで行ってわざわざ
日本食食べるの?おいしいフレンチ食べにいけば?」と思われるかも
しれませんね。私もつい2,3年前までは、、、いや1年前までは
確実にそう思っていました。駐在員ならまだしも、出張者までもが
日本食を食べにいきたがる気持ちに???でした。

でも、最近はその気持ちがわかるようになってきたのです。
うーん、私もオヤジ化?(あ、失礼)
なにはともあれ、スペイン在住者としておいしい日本のラーメンを
食べられるっていうのはおいしいフレンチを食べられるのと同じくらい
価値あるもんだよね?・・・と同意を求めてみたりして。
ね?そこのあなた、そう思いませんか?

次の出張は、またまたミラノの田園地帯です。
上記の話と完全に相反しますが、こちらでは日本食はあり得なくて
必ずイタリアン三昧なのです♪
工業団地内の食堂ちっくなレストランのランチも、夜のレストランでの
ディナーもALLイタリアン。これがまたおいしいんだ~。
うーん楽しみ。って、ちょっと出張の目的それてません?
はい、ちゃんとお仕事もしないとね。がんばります。



にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ☆海外ブログ。スペイン情報はこちら☆
[PR]
by acco-esp | 2010-10-18 02:21 | 仕事

しごと(続)

昨日嬉しがってあんなに絶好調な日記を書いてしまいましたが・・・
世の中そう甘くはないもので・・・
今日は全てがいまいちでちょっぴり凹みモード。

特に・・・うまくいってほしい案件の一つが、突然停滞。
しかもこちらからすると先方の意味不明な会社方針により・・・。
これ、GETできたらあなたの会社も儲かるのよぉ~、わかってますぅ~?
と言いたくなるのだけど、変なとこで足踏みふまれて行ったり来たり。

うーん、どうなるのだろ?明日、日本からのメールの反応を見て
次の動きに出るしかないのだけど・・・なんだかやきもきしてしまうなぁ。

そのうえ、今日は「やっぱり私はまだまだ半人前だ・・・(ガーン)」と思うようなこともあり
ちょっぴり落ち込んでしまいました。そしてそういうときは必ず焦ってしまいさらに悪循環。
でもね、落ち込んでも焦っても何もうまくはいかないし、半人前は半人前なりに
頑張るしかないでしょー。
だって社会人歴は長いけど、この業界では正真正銘ピッカピカの一年生なのですからね。
いい意味で開き直って、一歩一歩がんばります!

でも、、、ついでに告白すると、、、これは業界うんぬんとか関係なく、私・・・・・
桁の大きい数字に弱いんですっ(涙)
パっとみて、いくらかわかんないし、言えないっっっ。つまり数字が読めない!?
いつも、”えぇ~っと、イチ、ジュウ、ヒャク、セン、マン、ジューマン・・・”って小さい子みたいに
桁を数えていかないとわからないのですっ。これって致命的!?ヤバイ・・・?やっぱり?
しかもそれEUROだったりYENだったりするとさらに混乱。最悪です。
こんなデッカイ数字扱うことがなかったからなぁ~今まで。⇒あ、いいわけになってません?

最近いつも仕事に関する色々な事を教えてくれる私の影の師匠は、
「いや~、それは慣れやって。慣れる、慣れる!」って言ってくれたけど・・・
まだまだ駄目っぽいです。
この先思いやられるけれど・・・とにかくがんばるしかないです。
(と、何度も言い聞かせております)

こういう状況に陥るといつも、「私ってばどうしてこうも畑違いの仕事ばかりしてるんだろう。」
って思うのですが、これも自分で選んだ道ですからね。。。
いろんなこと学べて知識が増えて実務経験も積めて私はラッキーなのだ!と思って
日々精進したいと思います。



にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ☆海外ブログ。スペイン情報はこちら☆
[PR]
by acco-esp | 2009-11-27 07:45 | 仕事

しごと

珍しく仕事ネタです。

今日は上司と、とあるお客さんを訪ねてきました。
うまくいけば、けっこう大きな話でもあり、是非ともモノにしたい案件。

あちらは、”実は興味あるんだけど、まだちょっと遠巻きに様子をうかがってる”って感じ?
あと一歩こちらが押せば、クっとこっちに寄ってきてくれそうなんだけど・・・
なかなかそう簡単にはいかないのがビジネスなんでしょうね。

商売の現場にたつのは実は初めてなので、学ぶことばかりなのですが、、、
具体的な話になると、なかなかおもしろい。
こちらも相手もお互いの出方を探って、出すカードを考える。
まさにゲームですね。

前に上司が「これはね、もうゲームと一緒」とおっしゃっていて、
全てがちんぷんかんぷんの私には?????で「そんな楽しいもんちゃうでぇ~」と
心の中で思っていたけど、「おもしろいかも」と思えるようになっただけ私も成長したのかしら?

帰りの車の中で、「いい感触でしたよね」と話したところ、「そうやなあー。でもここで
相手が歩み寄ってきたら、今度はこっちがちょっとひいてみよか。仕事もかけひきが
大事やからなぁ」とおっしゃっていた。なるほど・・・、難しいなぁ やっぱ(汗)

そしてオフィスに帰ると、もう一つ私がとっても期待していてなんとかうまくいってほしい
案件で、また別のとある会社から返信有。
日本側になんとか待ってくださいとお願いしていた件だったので、ちゃんと連絡をくれて
嬉しかったぁ。これでまた一歩前進。
これもまた、うまくいけばかなりいい話。日本側もお客さんの対応が早いし、スペイン側も
お願いしたこと、質問したことにかなりスピーディーに対応してくれ、今のところとっても
いいリズムで話が進んでいる。うまくいきすぎて怖いくらいだけど、これはかなり
おいしい話であり、可能性も大きいので、ぜひぜひ最後までうまくいってほしい!

とまあ、今日は今一番あたためている二つの案件共に一歩前進できたので
なんだか嬉しい日となりました。上司も「今日はいい日やなぁー」と一言。
年内に、この二つ・・・さらに前進しますように。

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ☆海外ブログ。スペイン情報はこちら☆
[PR]
by acco-esp | 2009-11-26 08:34 | 仕事

初ムルシア

先週、とある用事で3日間ムルシアに行ってました。
初めてスペインに足を踏み入れた時からかれこれ約15年。
留学・旅行・今に至るまでにスペインのあちこちを訪れましたが
改めて振り返ってみると訪れたことがない州がいくつかあり、
そのうちの一つがムルシアでした。

正直言いますと、今の今まで全く興味もなく、仕事がなければ
おそらく今後も訪れることはなかったであろうと思われる場所でしたが
行ったことが無かった場所がこれで一つ減った・・・と思うと
スペイン好き人間としては、なんとなく嬉しくなったりもするものです。

ちなみに、他に行ってない州とは・・・エストレマドゥーラ、リオハ、カナリア諸島の3州です。
リオハ、カナリア諸島は行きたい行きたいと思いつつ行けていないだけなので
そのうち訪問できるかな?と思っていますが、エストレマドゥーラはムルシアと
同じくらい関心がありませんでした。う~ん、でも・・・だからこそ行ってみると
何か発見があって楽しいかも!?

ムルシアでの嬉しい発見は・・・
食事がおいしい、ボリューム満点、安い。

まあ、たまたま行ったレストランが全部大当たりだったのかもしれませんが、
3軒行って、3軒ともこの3つのポイントを兼ね備えていたのでかなり当たり度は
高いかもしれません。

また、ムルシアもあまり知られていないかもしれませんがかなりのブドウの産地で
ワインも沢山作られています。
メインは赤で、白ワインはほとんど作られていないらしいのですが、レストランで飲んだ
ムルシアのBullasという地方産の白ワインがなかなかおいしかったです。
さっぱりしていてのどごしスッキリ・・・という、ぐいぐいいけちゃうワインでした。
んームルシア以外で見つけるのは難しそうだけど、一応メモとしてBullasという名を
記しておこうと思った次第です。

それと、カテドラルの綺麗さ。これはなかなかのものでしたよ。
最近、スペインに限らずヨーロッパのどこに行っても教会や大聖堂に
全く感動を得られなくなってしまった私なのですが、ムルシアの
カテドラルを見たときは「なかなかすごいやん!」という
単純かつ乏しい表現ではありますが、少なからず良い印象を受けました。

そこで、家に帰ってからあれは一体???とガイドブックをめくってみたのですが、
私の持つ2002年の古いものにも友達にもらった2009年の新しいものにも
ムルシアのページすらないのです。これはあまりにもかわいそう!?

せっかくなのでまたまたWikipediaのお世話になってみました。
それによると、ムルシアのカテドラルは1394年から1465年にかけて建てられた
カスティーリャ・ゴシック様式の建築物で、1792年に完成された塔は、2階がルネサンス様式、
3階がバロック、鐘塔はロココと新古典主義の影響がみられる混成スタイルの塔なんだそうです。
とても立派な建物の正面はスペイン・バロックの代表作とのこと。

e0145739_7274261.jpg

たまにはバルセロナの外に出てみるもの楽しいですね~。
次はどこに行けるかしら?


にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ☆海外ブログ。スペイン情報はこちら☆
[PR]
by acco-esp | 2009-11-23 07:27 | 仕事

会社訪問

実は昨日、私がスペインに来て最初にお世話になった会社を訪問してきました。
”客”・・・という立場で、打ち合わせのために。

実は打ち合わせで訪問するときまったときから、結構この訪問を楽しみにしていました。
なんやかんや言っても、元いた職場ですからねぇ~。元同僚たちにも会いたかったし。

オフィスにつくやいなや、懐かしいみんなに会えて、ものすごく嬉しかったです♪
全然ゆっくり話せなかったけど、でも顔をみれて挨拶できただけでも嬉しかった~。
オフィスそのものは私が去ったあと移転していたので、新しい場所でありあまり馴染みはないけれど、
ひとたびなかに入ると、若干メンバーが変わっているとはいえあの頃と変わらぬ雰囲気。
うーん、懐かしい!懐かしい!の一言に尽きます。

打ち合わせには、私の元直属の上司も同席。そう、あの私の真後ろに座ってた上司です。
こうして仕事の話で、元上司と向かい合って打ち合わせをする事になるなんて
予想だにしませんでした。
私自身も昔やっていたような一連のオペレーションの内容を、その元上司が今の私の上司や
同僚たちに説明している状況がなんだかとても不思議な感じでした。

もちろん、倉庫も見せてもらい・・・そこでも懐かしい倉庫guysに会えました。
一応、打ち合わせ中・・・ということで、コソっと手を振ったり、目で挨拶する程度で
ここでも全く話ができなかったのが残念だったけど・・・とにかくほんとうに懐かしかった~。
会えて嬉しかった!

働いていた当時は、もちろん文句もたくさん言ってたのだけど、一度外に出てしまうと
調子いいもんで、いい部分ばかり思いだされるのでしょうねぇ。
だから一人で勝手に、懐かしがったり、嬉しく思ったり、今となっては他所様のテリトリーなのに
妙な居心地の良さまで感じてしまった次第です。
(でも、これも一瞬の訪問だったからでしょうか?)

本当はもっといろんな人とせめて一言二言でも話がしたかったけど、、、叶わず残念。

でも、今後まさに自分が元居た部署の元同僚たちと、また仕事で関わりが持てるので
なんだかとても楽しみです。無理やわがままばかり言う嫌~な客にならないよう、
きちんとお仕事させて頂こうと思います。


にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ☆海外ブログ。スペイン情報はこちら☆
[PR]
by acco-esp | 2009-09-24 07:26 | 仕事

イタリア行ってきました

前回の日記に軽く書きましたが、先日ミラノに行ってきました。
2年前のドイツ出張につぐ、ヨーロッパ出張第二段。
今回は一人っきりで、しかも色々とミッションがあったので”ルンルン、楽しみ♪”というより
実は内心かなり緊張してました。

久々のミラノ・マルペンサ空港に降り立つと、会社のドライバーさんが迎えに来てくれていて
そこから30分くらいかけてとあるオフィス兼工場に。
なんと、そこまでの道中は日本の田舎をおもわせる田園風景。そう、田んぼだらけなのですよ。
JRで実家に戻るときの風景にそっくり・・・。
そして暑いこと暑いこと。これまた日本を思い出させる蒸し暑さ。そりゃーお米を育てられるくらいですもの、
同じような気候ってことですよね。
ううっ、スペイン帰りたい・・・蒸暑すぎる~って着いてすぐに思ってしまったaccoです。

続いてまた30分くらいかけてまた別のオフィスへ。そこもまた何もな~いところでして、、、、
つまり、ミラノに行ったといってもミラノの中心にはかすりもしない2日間を過ごしてきました。
気張ったまんまでけっこう疲れましたが、休暇前で忙しい中私のために時間を割いてくださった
イタリアスタッフの皆さまのおかげでとても有意義なミラノ滞在となりました。

そして、もちろんおいしいおいしいイタリア料理も堪能させて頂きましたよ!
1日目のランチは会社の食堂、2日目は工業団地内にあるセルフサービスレストラン。
どちらでもパスタを注文しましたが、十分おいしい♪♪♪スペインのイタリアンレストランで食べるパスタに比べたらもう雲泥の差。それだけで十分満足なaccoでしたが、もちろん夜には会社の方にとびっきりのイタリアンレストランに連れていっていただき・・・そこで食べたものとは。

前菜:マグロの刺身と海老を合わせたもの オリーブオイルとブラックペッパーがかかってます
1皿目:ロブスター(の小さい版)とソラ豆ピューレ
2皿目:巨大パスタ(3cm四方くらいの平ぺったいマカロニみたいなもの)のうにソースかけ
デザート:自家製アップルパイ、カフェマキアート

写真でご紹介できないのが残念ですが、もうなんともいえぬおいしさ。
ただ残念なことに、前菜ですでにお腹がかなり一杯になってしまい1皿目のロブスターを残してしまい、メインのパスタもおいしかったけど、苦しいーーーーみたいな感じで、100%満喫できませんでした。
これもすべて例のパツパツスーツのせい。
もっと楽ちんな服装だったら全部ぺろりと平らげられただろうに(涙)
デザートはもう無理・・・と思ったけれど「日本人女性はデザートようにもう一つ胃があるんでしょ」と超日本通のイタリア人ボスに言われ、さらに「それにここのデザートは最高だよ」と言われ、「じゃ、いただきます!」と答えてしまったaccoですが、ほんとにほんとにデザートもおいしくて、綺麗さっぱり完食しました。
でも、、、ロブスターを残してデザートは全部平らげたと知ったオーナーがすこしご立腹。(ま、冗談・・・とのことですが、実はほんとに気分を害したのでは?と心配なaccoです)

確かに心苦しかったんですよ、あんなにおいしいお料理を残すのは。でもどうしてもパスタをちゃんと食べたかったから、ちょっと残してしまったんですよ~。ごめんなさい!!!

さらに、いただいた白ワインと赤ワインもとってもおいしかった。ちゃんとお料理に合うものをオーナー自ら選んでくださって・・・・、超ワイン通のイタリアボスも納得の味。
しっかり名前を頭にインプットしたはずが・・・やっぱり帰ってきたら忘れちゃってました。残念!
いいワインはちゃんとメモしておかないとなぁ~。

とにかく本当においしくて、、、またいきたい!と思える田舎町の素敵なレストランでした。

というわけで、ちょっぴり緊張の出張もなんとか無事終わりほっと一安心。

帰ってきた日はそのままある会食(要は飲み会なんですが・・・)で荷物置いて着替えるやいなやお店に直行。
一年ぶりにお会いする方も一緒で、とても楽しい時間を過ごさせて頂きました。
お店はいつものように閉店までいて・・・その後も少しそこでだべって・・・ちょっと一杯に行って帰ってきたら朝の4時。もちろん土曜日は昼過ぎまで寝ていたaccoでした。

そしてあと4日働いたら私も夏休みです♪ 楽しみだなぁ~。さーて、あと4日がんばるぞ!


にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ☆海外ブログ。スペイン情報はこちら☆
[PR]
by acco-esp | 2009-08-03 02:46 | 仕事

就職支援プログラム

今週は、バルセロナ市主催の就職支援プログラムに参加してきました。

きっかけは、ある親切な友達がBarcelon@ctivaの存在を教えてくれたから。

これはバルセロナ市管轄の機関で、転職希望者や就職活動中の人、または専門知識を延ばしたい人などのために情報提供をしてくれたり、専門コースや各の就職支援講座(無料)を開催したりもしているところ。
実は私、今後に向けてある専門コースを探していたのでこのページを見ていたのだけど、探しものは見つからず。でも、毎日のように開催されているさまざまな就職支援プログラムにはたと目がいき、早速申し込んで参加した次第。

そのプログラムの詳細はこちら⇒Porta22

月~水まで3日連続で受講したのが、「効果的な履歴書・プレゼンテーションレターの書き方・1分で自分を売り込むコツ」を学ぶ講座。

日本語の履歴書を書くのはさほど苦労しないのだけど、スペイン語の方はいつもしっくりこず、何に重点をおいて書けばいいのか?などウマい書き方がよくわからずいつも悩んでいた私。講義の内容は、期待通り非常にタメになったし、講師の先生に直接自分の履歴書を見てもらってアドバイスももらえたのでかなりありがたかった。なんせ、私は今まで全く違う畑ばかりを移り歩き、多種多様な仕事をしているので・・・自分の職歴をアピールするのが難しいのです(涙)それでも、それぞれの分野でやってきたことで ”アピールポイント” はあるわけで、それをどんな形で表現したらいいか?を教えてもらえてとても助かった!

さらには、履歴書と一緒に送付するプレゼンテーションレター。これまた日本語とは勝手が違うし、いつも何をどう書いていいのやら・・・とても頭を痛めていた。しかも、結局のところ今までは日本語の履歴書とレターで就職活動を乗り越えてきた感じなので、まともにスペイン語でレターを書いたことがない私。どんな内容をどう盛り込めばいいのかなどポイントを教えてもらえてこちらもかなり役に立った!

最終日には即興で、「みんなの前で1分間で自分を売る」という事をさせられた。全くもって完敗。まず第一に、私は人前で自分の事を話すのが小さい頃から超苦手。(シナリオがあることなら人前で話すのも得意なのだけど・・・)
その上、自分の経歴、アピールポイントなどをうまく話すこともできず全然ダメ。それにひきかえ、周りのスペイン人たちは即興とはいえ、みんなスラスラ堂々と自分のことを話せるのですごいなーと思った。これが義務教育の形の違いなのだろうか?私は、かつての(?)”発言するのが苦手な日本人”の典型でありました。(がっくり) というわけで、こういうのは苦手なのでしっかりシナリオを作って、練習して面接にのぞまないといけないのですね、私のような人は・・・・。自己分析ってやつをしっかりして、いろんなバージョンで”自分”という商品を売り込む手段を考えなければね。 

そして、金曜日の今日は「職探しのアドバイス」といった漠然としたテーマの講座に参加してみた。内容は、このBarcelon@activaをいかに有効に使うか・・・を教えてくれるといった内容だったので、ちょっぴり退屈だったけれど、このセンターの人であり今日の講師でもあった人がとても親切で、私の探している専門コースを一緒に探してくれたり、アドバイスをくれたりしたのでこれまたとっても助かった。

時間のあるうちに、これからもちょくちょくこのセンターを利用しようと思った次第。
バルセロナ市って、いろんなサービスを提供してくれていたのね。
見直しましたバルセロナ!
そして、Barcelon@ctivaの存在を教えてくれたMりん、ありがとう♪


にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ☆海外ブログ。スペイン情報はこちら☆
[PR]
by acco-esp | 2009-02-21 05:17 | 仕事

Last day

昨日、2008年2月29日に、3年2か月勤務した会社を退職しました。

「スペインで働きたい!」と会社を辞めてから約2年かかってようやく手にした夢の切符がこの会社への就職と労働ビザの取得でした。
つまり、この会社無しでは、今のスペインでの私は無いのです。
そういうわけで、不平・不満も時にはあったけれど、この会社には多大なる恩があり、とても感謝しています。

最終日の朝、会社に着くとまず、薔薇の花束を贈ってくれた前の部署のメンバーにお礼のメール。するとすぐさまみんなからの心温まるメッセージが。それぞれのメッセージを読んで朝っぱらからまたウルウルしていたaccoです。

さて、昨日まで私が勤務していたオフィスは、前日の日記にも書いたとおり、最初に配属されたのオフィスとは違います。最初は、某日系メーカーE社専属の業務を行うオフィス、そして2年後異動してきたのがこの会社のバルセロナにおけるメインオフィス。こじんまりした前の職場とは違い、人事、経理、その他もろもろさまざまな部署が入ってるオフィスなので当然人も多い。最初はまたまた緊張したけれど、1年たった今ではすっかり通い慣れたオフィスとなっていました。

引き継ぎも一通り終わり、残った仕事を片付けていただけなのだけど、朝からなんだかそわそわ落ち着きませんでした。もっと余裕あるものかな?と思っていたけれど全然そんな事はなく、あれよあれよと午前が終了。お昼は、今のオフィスの有志10数名で近くのレストランに昼ごはんを食べにいきました。調子にのってtinto de verano (赤ワイン+炭酸水)を飲んだら、ここ数日の疲れと寝不足のせいか食後に頭がガンガン、胸がムカムカしてきてどうしようかと思いましたが、それもなんとか乗り切り、仕事してると上司(我が部の女マネージャー)に呼ばれ一言二言話をうけ(彼女なりの最後の挨拶?)、その後人事から最後の書類や給料の説明を受け席につくと、もう定時前。

席に戻ると同じ部署の女の子2人に”食堂来て!”e0145739_13591377.jpg
と言われ、そそくさと食堂へ。するとオフィス&倉庫の
みんなが食堂に大集合していました。
そしてみんなから素敵な時計とハートのペンダント、
特大サイズのメッセージカードを頂きました。
(余談:みんなからのメッセージは嬉しいんだけど、外国人って字が汚すぎて何が書いてあるのか解読するのが難しい&ちゃんと活字で名前書いてくれないとサインだけじゃ誰からのメッセージなのか全然わからないんよ~)

全く予想外だった前日の薔薇の花束とは違い、このオフィスでは何度も同僚を見送ってきているので、最終日に何が待っているかは大体予想できているとはいえ、やっぱりみんなの気持ちがすごく嬉しかったし、1分1秒でも早く帰りたいはずの金曜日なのに本当に沢山のみんなが食堂で待っていてくれたのがすごく嬉しかったです。

実際、妙に緊張してしまい誰が居るのか?周りをきちんと見渡す余裕が全くなかったのが今となっては残念だし、その場にカメラを持っていかなかったので(アホでした)、自分のカメラでみんなとの集合写真が撮れなかったのが残念。会社のカメラで撮ってくれた分が後日送られてくるのを待つとしましょう。

みんなへの最後の挨拶も終え、お礼を言って、みんなとdos besos をし、人がぱらぱらと帰っていく中、毎日オフィスの掃除に来てくれているPepiと言葉を交わした瞬間ポロリと涙が・・・。さらに同じ部署で私の前に座っていて、顔をあげればいつもその子の顔がある状態で仕事をしてきて、いつも仕事中冗談言ったり、日本語ースペイン語ーカタラン語ーイタリア語のレクチャーをし合ったり、ラジオから流れてくる曲に合わせて一緒に歌をくちずさんだり、踊ったり、チョコレートやクッキーを交換しあったり、会社帰りに駅まで車に乗せてくれたりしたAlicia がやってきてabrazoした瞬間、もう2人でボロボロ泣いてしまいました。まさか私が去ることで涙まで流してくれる人がいるなんて思ってもいなかったのでびっくりすると同時に嬉しかったです。そしてやっぱり寂しさがさらに募ってしまいました。

自分で決めたことだし、自分では辞めて新しい仕事にうつれることが嬉しくて仕方なかったはずなのに、いざ去るとなると寂しいものですね。

最後の一週間は、同じく同じ部署でいつも穏やかで、優しくて、私が上司にキレてキーキー叫んでる時話を聞いてくれたり、なだめてくれたり、家に食事に招いてくれたり、週末のお出かけに誘ってくれたり、公私ともにお世話になり、仲良くしてきたYさんがお休み中で居なかったのは少し残念だったけど、もし居てたらまたまた泣いてたかもしれないのでこれで良かったかもね?
子育てと仕事で忙しい中、送別会をオーガナイズしてくれたり、プレゼントを買いに行ってくれたりして本当に本当に本当にありがとう 。一緒に買いに行ってくれたMakiMakiとCristina にも心から感謝!!

時計、、、まさしく私の好みです!
e0145739_13564351.jpgシルバーのベルトなのに黒のワンポイントが
あるところが最高!文字板もすごくおしゃれ。




e0145739_13571311.jpgピンクの
紐がついたハートのペンダントを見たときは思わず笑っちゃいました。私がさんざん「今年の私のテーマカラーはピンク」と公言していたから、これ選んでくれたんだろうなって。どんな洋服にも合いそうで、とってもおしゃれ。本当にありがとう!


部屋に戻ると、もう一人の同じ部署の女の子Maria Joseが。もうこれ以上泣くまいと涙をこられ最後の挨拶。彼女はもう友達とExpoに来る予定を立てているらしいので絶対会おうと約束してお別れ。

その後、最後の引き継ぎ事項をまとめて、メール・机の整理をして会社を後にしました。

○○○○(株)バルセロナ支店殿、3年間お世話になり本当にありがとうございました。
[PR]
by acco-esp | 2008-03-02 06:09 | 仕事

感動の昼下がり

退職まで残すところあと一日となった今日、入社して最初に配属され2年間を共にした部署の仲間達と食事に行きました。

Transport, Logistic...という全く初めての分野の仕事で、しかも錆びついたスペイン語で、右も左もわからずただただ緊張しまくっていた私にいつも優しく接し、丁寧に色んな事を教えてくれたみんな。

最初はやっぱり少し距離があったけど、1年くらいたった頃には、互いの距離もぐっと近づき、プライベートでも付き合える仲になれたメンバー。

そんな中、メンバーの一人B君が社内異動で別の建物に。その後、入社してちょうど2年目の年明け(去年)に私が社内異動で別の建物に。結果、同じ会社なのにみんな3つの建物で離れ離れになってしまいました。

でも今日は、私が退職するからとみんなで食事の話が持ち上がり元の部署の主要メンバーが久々に大集合できたわけです。
会社から少し離れた場所にあるレストランにて、みんなでわいわい話がらの食事。なんだかすごく楽しかった!!

このところ、退職日が近づいているからか妙に昔を思い出してしまう私。特に前のオフィスで聞いていた曲がまたラジオから流れてくると、あの頃の情景が鮮明に浮かんでくるのです。入社したばかりの自分、少し慣れてきた頃の自分、緊張してた事、辛かった事、嬉しかった事、楽しかった事、いろんな事を思い出していた今日この頃。
だからこそ、今日その当時のメンバーで集合できてなんだか嬉しいと共にちょっと感傷的になったりもしました。

食事の後、みんなで外に出ると、そういえば席を立った頃から姿が見えないなーと思っていたB君がもう車を出して待っているではありませんか。「なんか急いでるんかなー?みんなで写真撮りたかったのになー残念」と思った瞬間、車から真っ赤な薔薇の花束を差し出してくれました。なんと、みんながこっそり私のために用意してくれていたんです。みんなで食事に行けるだけで満足だったのに、こんな素敵なプレゼントまでもらえるなんて・・・。
も~びっくりそしてすごい感動。
e0145739_1341396.jpg


あまりの感動で泣きそうでした!
こんなに感動したのはいつぶり?
もしかして初めて?
っていうくらい感動した瞬間でした。ほんとにほんとに嬉しかった。

職場も仕事も色んな事があるけど、最後に残るのはやっぱり「人との出会い」や「友情」なんだろうなって改めて思いました。スペインに来て、この会社に入って、こんな素敵な人たちに出会えて、そんな素敵な人達と仲間になれたことを心から嬉しく思います。
e0145739_5571164.jpg


午後なんとか仕事を終え、地下鉄に乗って帰るとき、この花束を見ながらまた泣けてきて、、、涙をこらえるのが大変でした。きっと目うるうるしてたと思います。
今も、日記を書きながらまたまた感動が蘇って泣きそうになってます。
大袈裟かもしれないけど、私にとっては本当に嬉しい出来事、そしてすごく幸せを感じた
午後のひと時でした。
[PR]
by acco-esp | 2008-02-29 07:52 | 仕事
本日、早くやり終えたい仕事があったので必死にいつもより早く家を出たacco。

いつもなら地下鉄を降りてバス停までダッシュし7時35分発のバスに乗るところ、
7時20分には余裕でバス停についていたacco。

でも、、、、何か変

<バス停にいつも以上に人がいる>

ここから連想されること

<バスが遅れているに違いない>

とりあえず待つ

<全然バスが来ない>

その結果起こる悲劇

<バス停に人があふれかえる>

その結果起こる更なる悲劇

<バスが到着した時、ここにいる全員が一気にバスのドアにどどどどどどどっと押し寄せてすごいことになる>

朝から憂鬱
待てども待てどもバスは来ない
早起きして早く家を出た努力は水の泡

<約バス3本分の乗客がバス停で待っている>

そのとき入ってきた情報

<港でトラックのストライキがあるらしく道が閉鎖されてる、、、とかなんとか>

同じくバスを待っていた同僚と共に、

えーーーバス来ないんじゃないのー?
誰も会社行ってないんじゃないのー?
Barでも行ってコーヒー飲んでよーよー
な~んて冗談言ってる間に
なんと、、、

<奇跡的にバスが二台連続で到着>

(時刻:7時50分くらい)

<絶対会社に間に合わない>

まさか、全員入らんやろ?と思っていたが・・・
ものすごい押しくらまんじゅうの結果、

<とりあえずバスには乗れる>

それにしてもひどい。混沌。ここは第三世界か・・・
日常茶飯事だけど、再び思ったこと。

「ここに居る人たちは、”列を作る”というすばらしく合理的なシステムを知らないらしい。」

<でも、accoもそこにまぎれている>
(注意)でも人を押したり、横入りしたりは絶対しません!!

<乗れたけど、座れない。辛い>

あ、ストライキ中って言いましたよね・・・?

<当然、超渋滞>

進んで、止まる、進んで、止まる、、、の繰り返し

<いつもは25分くらいの道だけど、どれだけ時間かかるやら・・・>

(時刻:8時すぎ。始業は8時15分)

<間に合うはずがない。。。>

立ってるだけでもしんどいのに、急ブレーキかけまくりの運転手。

<腰痛いんですけど~>

(時刻:8時45分。同僚から電話あり。)

<その時、バスは完全にSTOP>

その後・・・

ドアが開く
バス停でもないのに、人が降り出す
運転手も運転席から離れている
ドア開けっぱなし

<どうやら、歩いた方が早いという事らしい>

まじで~?ここどこ~?こんなコンテナとトラックだらけの危ない道歩いて会社まで行くの~?と思うacco

<その心は、「ええやんもう遅れていこうよ私らのせいちゃうし」>

でも、一緒に乗ってた他3名の同僚とともに下車し、その他大勢と共に歩くことに。
ま、思ったほど会社からは遠くなかったけど、、、

<でもここ、普通人が歩く場所ちゃうし>

一歩も動かない車、バス、トラック達を横目にとぼとぼ歩く私たち。

<車の人は乗り捨てできないからかわいそうに・・・>

みんな車外に出て、赤の他人同士でおしゃべり(どうせ文句言ってるだけだろう)

反対車線は意外と車が動いてて、お構いなくびゅんびゅんコンテナ、トラックが私らの右肩を走ってる。

<ほんと、ここは危険な場所。動く凶器だらけ・・・>

でも天気が良かった。太陽もすっかり上にあがって眩しいほど。

<遠足みたいで楽しいねー♪と皮肉ってみる>
<空気もおいしいし~♪と皮肉ってみる>

そのうち、冗談抜きでのどが痛くなってきた。
そりゃそうだ。廃棄ガスにまみれて歩いてるのだから・・・
遠足どころではない。空気がおいしいわけがない。

20分くらい経過した後

<ようやく会社到着>

(時刻:9時15分)

一時間の遅刻でした。
朝から疲れた。
でも、恐縮することなく、堂々と遅刻できるのがこの国のいいとこ。
だって、みんな「あ~またバスね」とわかってくれるから

そして今日は同僚Yさんのバースデー♪
着くなり、おいしいクロワッサンとクッキーを頂いて、コーヒー飲んでお腹も満足し、すっかり元気を取り戻しました。

(補足)
スペインでは、(他の国もかな?)誕生日の本人が周りの人をもてなすのが普通で、仕事場にクッキーやクロワッサンなどを持ってきてふるまう習慣があります~)
[PR]
by acco-esp | 2008-02-08 04:12 | 仕事