「ほっ」と。キャンペーン

Bichito accoのスペイン大爆走

accoesp.exblog.jp

念願かなってスペインに渡ってはや8年目。日々のドタバタ劇をありのままに綴っています。

カテゴリ:2007年旅行( 14 )

夏休み2007 第五話

イタリアから帰った翌日、スペインはバレアレス諸島のメノルカ島に行ってきました。
飛行時間はほんの40~50分。

バレアレス諸島は、西地中海に位置し、マジョルカ島、メノルカ島、イビサ島などから成り立つ島々。どの島も、ドイツ・イギリス・イタリアなどスペイン近隣の国から訪れる人で賑わうリゾート地。ドイツ人にとってのマジョルカ島は、日本人にとってのハワイのようなものだとか・・・

その中でメノルカを選んだ理由は、周りのスペイン人のほとんどが”絶対メノルカ”と薦めてくれた事、そして”海の水が綺麗”との事から。

着いた次の日、一日クルージングに申し込みメノルカの中でもお勧めのビーチに行くことができました。カリブ大好きの私としては、”なんやかんや言ってもカリブにはかなわんやろ”と思っていたけれど、実際にそのお勧めビーチに行ってびっくり。こんな近くに、こんな綺麗なビーチがあったんや~♪とかなり驚きました。
e0145739_21144917.jpg


また、このメノルカ島の中でも私が滞在したシウダデラは(以前首都だったらしい)、中世の建物が残る地域もあり、小さいながらも見所の多い町でした。
e0145739_21152827.jpg


長期滞在なら、レンタカーなどで島全体をまわるのがおもしろいようです。
いつかまた次回いくときは、別の町を訪れたいなぁ。
e0145739_21163164.jpg

[PR]
by acco-esp | 2007-10-06 03:19 | 2007年旅行

夏休み2007 第四話

次の休日には、またまたローマから少し足を伸ばしてフィレンツェと同じくトスカーナを代表する古い街、シエーナを訪れました。

シエーナって有名なんですか?
実は私、シエーナなんて聞いたことありませんでした。

調べてみると、、、
シエーナはルネサンスのフィレンツェと肩を並べる芸術の中心地で、ゴシック美術が栄えていたとのこと。 また中世以来、フィレンツェとシエーナはライバル都市として互いに強い対抗意識持ち抗争を続けてきたものの、政治的には最終的にフィレンツェの勝利となったそうな。その結果、フィレンツェは、大規模なヨーロッパの古都として、一方のシエーナは手頃な規模に留まり、中世の面影をより濃く留める街として今に残るそうです。

また、この中世のたたずまいを残したシエーナの歴史地区は、世界文化遺産にも登録されているそうです。

知らんかったなぁ~。でも、世界遺産好き(詳しくはないけれど)としては、ひょんな事から世界遺産の街を訪れる事ができ得した気分♪

シエーナの街の中心にあるのがカンポ広場。
普通の広場とは違い、広場に建つ市庁舎を根元に扇状に緩やかな傾斜を持っているのが特徴。広場はすべてレンガ敷きです。
e0145739_0514679.jpg


シエーナ、素敵な街でした。一瞬にして中世にタイムスリップしたかのよう。カンポ広場では、沢山の地元の人、観光で訪れた人が座ったり、寝転んだりしています。なんだかとても時間がゆったりと流れているように感じました。
[PR]
by acco-esp | 2007-10-05 06:15 | 2007年旅行

夏休み2007 第三話

友達の仕事が休みの日に、どうしても行きたかったフィレンツェまで日帰りで行ってきました。

フィレンチェも、10年前の初イタリア旅行でもちろん行ってます。
でも、どうしてももう一度いきたかったんです。
なぜなら、訪れた町の中で一番気に入ったところだったから。

それに、皆さんもご存知の「冷静と情熱のあいだ」の影響もあります。(いまやかなり古いけど)私も、当時会社の友達に「ハマるから読んでみ!」と薦められ、即文庫本を買って、一気に読みました。(個人的には「青」辻仁成バージョンのほうが好き)しかも、小説なんて滅多に繰り返して読まない私が、多分3回は読んだかな?それくらい、なんだか気に入った本でした。もちろん、映画もTV放映の際に見ました。

本では、自分も行ったことのあるフィレンツェやミラノの町を思い浮かべながら読んでいたのだけど、映画はそれが映像として現れます。あの純愛物語を映像にのせてみると、これまたハマってしまうのでした。
それから、いつかもう一度フィレンチェのあの美しい町並みを見たいなと思っていたのです。

着いてすぐ向かったところはもちろん、あおいと順正が待ち合わせをしたドゥオーモ(正式名:サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂)。久々に見るドゥオーモはすごい迫力でした。そして美しい。 本当は上に上りたかったのだけど、けっこう人が並んでいたし、あまり時間がなかったので今回は断念しました。

そしてお次はもう一つの観光名所ポンテベッキョをさらりと訪れ、最後にどんな絵葉書にものってるフィレンツェが一望できるあの場所、あの場所に行ってきました。
そう、「ミケランジェロ広場」です。

くねくね曲がったゆるい坂道を登り、広場についたらフィレンツェのあの美しい街並みが一望できるのです。着いた瞬間、あの景色を見た瞬間、「そう、これこれ、これが見たかってん!」と叫んだのは言うまでもありません。

観光バスだらけで、日本人のツアー客の方も沢山いらっしゃいました。
ちょうど夕暮れ時だったので、ほのかに紅く染まった空をバックにした、赤茶色がベースの建物がなんとんもいえず温かい雰囲気をかもし出し、とても素敵でした。そのミケランジェロ広場では何をするでもないのですが、写真を撮ったりしながら結局日が沈む頃まで、ずっとその町並みを見ていました。それだけでなんだか心が和みましたよ。

(豆知識)
フィレンツェは古代ローマ時代、花の女神フローラの町としてフロレンティア(Florentia)と名付けた事が語源とされているそうです。(うーん花の女神の町だなんて、響きがこれまた美しい♪)

その名残により、フィレンツェは英語・フランス語で Florence、ドイツ語では Florenz、スペイン語では Florenciaと呼ばれているそうです。なるほど。知らなかったわ~。
[PR]
by acco-esp | 2007-10-04 04:54 | 2007年旅行

夏休み2007 第二話

イタリアローマを始めて訪問したのは10年以上前。
まだ通貨がリラの時。

大学時代、スペイン留学中のイースターホリデーに当時の留学仲間と
イタリア旅行に行ったのが最初でした。
学生の貧乏旅行だったので、ろくにレストランにも入らず、朝食はスーパーで購入、
昼・夜はパニーニや切り売りピザをそこらへんに座って食べる。
飲み物はスーパーで買った水をいつも携帯!あ~懐かしい。

ということでローマは一度行ったことがあるので、今回の旅の目的は
観光ではありません。
友達に会うため&そのお宅に居候させてもらってのんびり気ままなローマステイを
するのが目的でした。

でも、、、一応行っちゃいましたよ。ちょっとした観光スポットには・・・

<ポッポロ広場>
e0145739_044330.jpg


<歴史の重みをずっしり感じるローマのパンテオン>
e0145739_0442333.jpg

[PR]
by acco-esp | 2007-09-30 21:49 | 2007年旅行

夏休み2007 第一話

あっという間に夏休みが終わり、仕事復帰して1週間がたちました。
慢性肩こり(しかもかなりヒドイ)に悩まされる私ですが、さすがに夏休み中は痛くもなく、不快感もなかったのに、会社復帰1日目、席についてPCを立ち上げた直後、始業の8時15分になる前には両肩から首筋一体の張りを感じ、肩が重~くなってしまいました。
つまり2週間充電したものの、10分で電池切れ(涙)。

それはさておき、本題へ。
皆様、夏休みに入ってウッキウキの私のあの日記を覚えていらっしゃるでしょうか?

そうです、土曜の夜メキシコ料理を食べにいき、調子に乗ってSOL(メキシコビール)を飲み、最後に出てきたテキーラもしっかり飲んでほろ酔い・ご機嫌で帰宅。
最後の荷造りをして、PCに向かい夜更かしをしていた私。
MIXI書いたり、You tube 見てただけなんですけどね。
そして、それが翌日の涙を招くことなるとは知る由もなく・・

9日(日)なんと、寝坊して飛行機に乗り遅れるという大惨事を引き起こしてしまいました!

就寝時刻 AM4時半
起床予定時刻 AM6時
家を出る予定時刻 AM7時
搭乗時刻 AM9時
フライト時刻 AM9時半

で、12時前にはローマにいるはずだったのですが、、、

目が覚めたとき・・・
→真っ暗なはずなのにすでに明るい
→何かがおかしい
→一瞬固まる
→目覚まし時計代わりの携帯電話を探す
→ベッドの上に転がっている
→時刻を見る
→AM9時

ベッドから飛び降りましたとも。漫画みたいに
意味もなく家中行ったり来たり。
頭働かないんですよね、そういう時って。
何が起こってるのか状況がつかめない。
まさか、まさかの寝坊。
泣きたくなりました~。
発狂しそうでした~。

ま・さ・かぁぁぁぁぁ~

所詮バルセロナーローマ。いくらでも便はあるし、なんとでもなります。
でも、せっかく1ヶ月も前に安く航空券を購入してたのに・・・今買って、今乗るなんて、
むちゃくちゃ高いに決まってる~もぉ~なんでこうなるの~。最悪~。
泣いても叫んでももう間に合わない。嘆いても仕方ない。
でも嘆かずにはいられませんよね。。起床後、悪夢の数10分でした

でも少しは大人になった私です
(どこが?と突っ込まないでください)

落ち着けacco・・・落ち着けacco・・・
起こってしまった事をいちいち後悔しても始まらない。
なんて事はないさ。
悔しいけど、今はすんだことより次の事を考えなければ。

そして、気持ちを落ち着け、PCに向かい、再び航空券チェック。
ありました。同じ日の13時半に飛ぶ便が。
でも、た・た・高い片道なのに、すでに購入していた往復航空券代よりも、高い
まあ、当然です。仕方ない。でも悔しい・・・

二日後(火曜日)の出発ならたった50ユーロ。
でも、「安いの買っても、二日間そこ(バルセロナ)に居たらもんもんと考えて
又ナーバスになるやろ?高くても今日の便で来たら?」
との友の助言に納得する私。

その通りや二日間無駄にしたくないっっっ。
そこで、思い切って同日13時半の航空券を即購入。
身支度をして、空港に向かいました。

ほんまにアホです。誰のせいでもない自分のせいです。
でも、「前日のテキーラのせいや!」と悔し紛れに言うaccoです。

以前に、飛行機に乗り遅れた事があるって話聞かされた事あったけど、心の中で
「うっそー信じられへん。そんな事ってある?お金もったいな~」 と思ってた。
それに今まで飛行機に乗るって結構特別な事だったし、電車やバスに乗り遅れるとはわけが違う。でも・・・私も同じ事してしまった。 何でも他人事ではないわけですね。

振り返れば、確かに心がうわついていたし、しかもローマなんて近いし、スペイン来てからよく飛行機乗ってるからか(?)飛行機が特別なものだという感覚はもはやなく、バスに乗って近場に遠足に行くような感覚だったのは確か。余裕かましまくりでした。反省。
だって、朝早い便だというのに、全く緊張感がなかった。
起きられなかったらどうしよ!っていう感覚がなかった。
(これは絶対テキーラのせいだ(=負け惜しみ)ごめんねテキーラ!!)

普段、絶対起きないといけないって時はいつも目覚まし時計3つくらいセットするし、電気つけたまま寝たりするもの。 その前に、緊張してそんなに深い眠りに陥る事はない。
なのに、あの日は全くそんな準備をしなかったし、どっぷり眠ってしまったらしい・・・トホホ

でも、何はともあれ4時間遅れではありましたが、午後に無事ローマに着きました。
これが日本行きの便だったら・・・と思うと恐ろしい。
ま、日本行きならもうちょい緊張感もあるだろうけど。

もう旅前には二度とテキーラは飲みません。
そして目覚まし時計は絶対3つ。
っていうか、夜更かしするなって ・・・?

私のローマRELAX生活はこうして幕をあけましたとさ。(続く)
[PR]
by acco-esp | 2007-09-30 06:46 | 2007年旅行

ただいま&いってきます

今日、イタリアから帰ってきました。
11日間のんびり、まったり過ごしてきました。
計画通りRELAXの夏休み。
こんな休みの過ごし方は人生、初めて!?かもしれない。
最高の息抜きでした。

でも、、、

実は、、、

私のこの夏休み、、、

初っ端からとんだヘマをし、、、

とんでもないスタートを切ったのでした。。。

なんとなく予想がつくとは思いますが、、、

まあ、そんなこんなはまた後日の日記にて!

明日からは4日間のメノルカ島。
来西回数5回、在住暦3年の私ですが、何を隠そうヨーロッパでもリゾート地として割と人気の高いスペインの島々に、いまだ足を踏み入れた事がなく、今回が初の島上陸なのです。

秋の気配が感じられ、夏だ!ビーチだ!気分は味わえなさそうですが、ちょっと季節外れのリゾートを楽しんでこようと思います。

ここでもやっぱりテーマは”まったり”。

それでは再びいってきます!
[PR]
by acco-esp | 2007-09-20 06:22 | 2007年旅行

夏休みスタート♪

ついに待ちに待った夏休みに入りました。

今日は、朝から3回も洗濯機をまわし(=いい天気だったので、じゃんじゃん洗濯物が乾いてくれて嬉しかった!)、家中の掃除をし、買い物に行き、荷造り。

夜は友達とごはん。メキシカンに行って、珍しくビール(sol=薄いからビール苦手な私でも飲めてしまった)を飲んで、そして最後にお店からサービスで出てきたテキーラも飲んでしまった。あまりお酒の飲めない私にしては上出来。

1時ごろ帰路につき、荷造りの仕上げをし、シャワーをあび今に至ります。
明日は6時おきなのでもう寝たほうがいいのだけど、なんとなく夜更かししてしまう私です。
遠足前の子供みたいです。

それでは皆さん、いってきます。
Hasta la vuelta! Chao
[PR]
by acco-esp | 2007-09-09 10:20 | 2007年旅行

旅に向けて

昨日新しい小型のスーツケースを
購入。
e0145739_027835.jpg

なぜって?
それはまだ記憶に新しい”車上荒らし”事件のせいです。

ほんとは赤色が欲しかったけど、このサイズで残ってたのはこのオレンジのみ。でも黒とかじゃなくて、色物が良かった私としてはまあ満足。お値段は25ユーロと、お安く購入できました。
めでたし、めでたし。

あとは、飛行機でスーツケースが行方不明にならないことを願うのみ。

休みまで残すところあと1日。
「今」、まさに「今」が一番楽しいのです♪ 
「あと〇日で☆☆☆や♪ ルンルン♪」って思ってる時が一番なんですよね。
あ~楽しみやなぁ~♪

それはそうと、今日会社を出て目の前の十字路を渡ろうとしたら、車にはねられそうになりました。 そう、前に私の目の前でバイクが車とぶつかったあ十字路。怖かった~。

私が十字路にさしかかったとき、ちょうど大型トラックがこっちに向かってきたのが見えたので私は通り過ぎるのを待とうと立ち止まったのです。するとトラックのおっちゃんが止まってくれたので、道を渡り始めたわけです。

でも、なんとそのトラックの向こう側の車線に普通車がいて(トラックが大きいから全く見えなかった)、あやうくそれにぶつかりそうになったのです。ほんま心臓止まるかと思った。

まあ私も今日は仕事で帰り際にちょっとカチっとすることがあったからトラックの前を通る時、前しか見ずズンズン歩いていたので悪かったのです。それでも、トラックを越える直前で一応一歩立ち止まったのが良かった。あのまま早歩きで突進してたらニアミスやったかも。

だけど、普通車のおじさんも横でトラックが一時停止してるんだから、何かあるかな?くらい考えてもうちょっとくらいスピード落としてくださいよ~。信号も何もない十字路なんですからっ。
[PR]
by acco-esp | 2007-09-07 05:47 | 2007年旅行

ツイてない

夏。もう7月中旬!?はやいっ。夏なのに何もしてないっ。

あ、でも先週末ちょっとした旅に出かけておりました。
たった三日とはいえ、バルセロナの生活と完全に離れ、緑に囲まれ、
脱日常の時間を過ごす事ができ、元気いっぱいでリフレッシュして
帰ってくるはずだったのですが、、、帰る日に不運が起こりました。

車上荒らしにあい、スーツケース(小さいやつね)を盗まれてしまったのです。

郊外の穏やかな場所にある友達の職場の駐車場だったため
何の不安もなくスーツケースを車に残してその場を離れてしまった
私が悪いのだけど・・・。
去年の財布紛失事件、先月の自転車盗難事件に次ぐ、いやいやそれらを
大幅に上回る大打撃でした。

だって、プチお出かけだから・・・と、お気に入りのしかも買ったばかりの物ばかり
入っていたのですもの。第三者にとっては何でも無いものかもしれません。
でも私にとっては泣くに泣けない大損害。リストアップしてみますと、、、

◆よそいきの服として大事にしていたまだ一回しか袖を通した事の無い
超お気に入りの白いワンピース
◆自分へのご褒美?とバーゲンで奮発して買ったCAMPERの夏のサンダル。
まだ2回しか履いてない。
◆MANGOで一目ぼれして買ったばかりのイヤリングとネックレスのセット。
1回しか使ってない。同僚にそのネックレス素敵ねーと褒められたばっかりで
上機嫌だったのに。
◆バーゲンで買ったばかりのトップス2枚。今回買った中でも一位、二位を争う程
気に入って買った代物。1枚は旅の出発日に初めて袖を通したばかり。
もう一枚もまだ一回しか着てない。
◆トップスにあわせて買ったまだ新品のスパッツ
◆友達にもらったプレゼント
◆4月に買ってまだ半分以上残っている今一番のお気に入りのブルガリの香水
◆同じく4月に買ったばかりのランコムのマスカラ。これもかなり気に入って使っていた。
◆母に頼んでわざわざ送ってもらったKOSEの夏のファンデーション。
先月こっちに届いたばかり。
◆同じく送ってもらった日本製の日焼け止め(ちょっとしたこだわりがありまして・・・)
◆日本に居た時から愛用のボディパウダー
(こっちでは手に入らない。日本からわざわざ持ってきて大事に使っていたのに)

私は決して裕福な暮らしをしておりません。
そんな中で大事なお金をはたいて買ったものばかり。
このスーツケースの中身を全部足すと、私の経済レベルの中では、かなり多額の損失。
その上、もらったばかりのプレゼント、、、大切にスーツケースにしまって
持って帰ろうとしていたのに。

その他、、、、生活に困るものといえばドライヤー、携帯の充電器、日本でしつらえた眼鏡、上述以外の化粧品一式、これまた買ったばかりのヘアケア剤、新品をおろしたばかりのメイク落としなどなど。まあ、これらの物に対する執着はあまり無いけど、よりによって買ったばかりでまだまだたっぷり使える物が多いし、なんでこんなものに?ってものにまたお金をかけるはめになった事に苛立ちは募るのです。

でも、悔しがったり、怒っている時間などなく、、、
飛行機の時間がせまっていたので、そのまま泣く泣く空港に向かいました。
考えれば考える程くやしくてどうしようもないので考えないようにするしかありません。

今でも思い出すと悔しい。だけど命を狙われたわけでもなく、怪我をしたわけでもない。
だから良かったんだと思うしかないですね。

そして無理やり思う事にしました!
基本的には、盗んだ野郎のくそったれ!(言葉が悪くてすみません) と思っているのですが、
見ず知らずの人に私はプレゼントをしてあげたのよ。私はいい事をしたのよ、と。

いかんせん、悔しいものは悔しい。でも忘れます。
忘れるしかありません。私が失った物たち、もともとそんな物持ってなかったのよ、
買ってなかったのよ、と思うしかないわ~。
確かに引き落とされている銀行通帳の記録も、見ない事にしましょう。それしかない。

人に話すと怒りや悔しさが増すので言わないようにしてたのですが日記には書いてみました。
でもこれにて忘れます。。。

そしてどんな時も自分の荷物は自分で守らなければ、、、と
また新たな教訓を胸に暮らして行こうと思うのであります。 (完)
[PR]
by acco-esp | 2007-07-18 01:40 | 2007年旅行
先週末、会社の友達とウエスカに行ってきました。
ウエスカはスペイン北部、フランスと隣接したアラゴン州にある県。バルセロナからは車で約2時間半の所に位置します。
(来年万博が開催されるサラゴサも同じアラゴン州にあります。)

行ったメンバーは会社の友達6名+その奥さん1名。
金曜日5時半に会社を飛び出し出発です!
アラゴン州、正直言って今まで全く興味がなく、ウエスカという名前も聞いたことあるなーでもどこにあるんやったっけ?くらい知らない場所でしたが、ほんといいところです。

自然がいっぱい。緑がいっぱい。
和みます。はっきりいって和みます!!!
ちょっと車を走らせるだけで、騒々しいバルセロナの生活を忘れてゆったり過ごせる場所があるとは。こんなところで週末を過ごせるなんてなんとも贅沢。
e0145739_23404223.jpg


さて、私たち・・・なんやかんやとありまして結局到着したのは夜の11時ごろ。そこから持ち寄りのトルティージャ・生ハム・チョリソ・チーズ・pan con tomateなどなどを取り出し夕食開始。ありふれたものでもみんなで食べるとおいしい!

翌日はあいにくの雨(しかも豪雨)だったものの、車で近くの修道院(名前忘れた)を見学。ここは信心深いカトリックの人には有名らしく特に南米からわざわざ訪れる人たちもいるのだとか。その後村に唯一のスーパーに買出し。家で昼食をとっている間にようやく雨がやんだので、みんなでテニス・スカッシュをしにいきました!
ここの素晴しいところは、家のすぐ裏にその周辺の人共同で使えるプール、テニスコート、スカッシュコート、サッカーグラウンドがあるということ。もちろんあちらこちらに散歩用の道も設けられています。

夜は前日の残り物で乾杯。食べた後はもちろんダンスタイム?
わいわいガヤガヤととても楽しい夜でした(笑)

最終日、やっと快晴に恵まれましたぁ。
MJちゃんの案内で湖と隣村を訪問。
本当に辺り一面緑満載です。癒されましたよぉ。
e0145739_272634.jpg

ただ一つ、、、困ったことはバルセロナでほとんど影を隠していた私の花粉症が再発した事。一日中くしゃみと目のかゆみで大変した(涙)

あっという間の三日間。思い切りリフレッシュできました。
こんな優雅な週末もいいなあ。でも、やっぱり私はどちらかというと山より海派かな!?
[PR]
by acco-esp | 2007-05-24 04:40 | 2007年旅行