Bichito accoのスペイン大爆走

accoesp.exblog.jp

念願かなってスペインに渡ってはや8年目。日々のドタバタ劇をありのままに綴っています。

カテゴリ:2008年旅行( 4 )

さて、今回の訪仏の目的は、

*湖畔の別荘でまったり、のんびり、リラックス

それに加えて

*リベンジ!いざカルカソンヌへ! でした。

カルカソンヌは、古代ローマ時代に要塞都市が建設されたことで有名なフランス南部の都市。
歴史的城塞都市として世界遺産にも登録されているんですよ~。

そこに前から行きたくて行きたくて・・・・2月に訪れているはずだったのですが・・・
また・・・例の・・・あの件により、カルカソンヌ見学がおあずけになっていたのです。

フランス二日目の快晴かつ無風の最高のコンディションの中、
別荘のあるPort Leucateから一路カルカソンヌへ!
若干1時間くらいで目的地に到着しました~。今回は酔い止めを飲まなかったから寝なかったぞ!運転・・・どうもありがとう♪

e0145739_694756.jpg

e0145739_6102610.jpg

e0145739_61059100.jpg


城壁の中にはこんなかわいい道に所せましとお店やレストランが。
e0145739_612165.jpg

e0145739_6123820.jpg


ぽかぽか陽気で広場も人でにぎわっていました。
e0145739_6135949.jpg


このみずみずしい緑と青空がサイコー!
天気がいいと、どこに行っても空を見上げてしまうaccoなのでした。
e0145739_6154837.jpg


カルカソンヌから帰り、船に乗ろうという話もあったのだけど
それは残念ながら断念。次回はぜひぜひ♪♪♪
2時間きっかりでバルセロナに到着し(ちかいぃぃぃ~)、フランスRELAXの旅が終了しました。
楽しかった~。次はまた夏に行けるといいなぁぁぁぁぁぁぁぁ。

Moltes Gracies Hiro!!
[PR]
by acco-esp | 2008-10-07 06:22 | 2008年旅行

南仏での優雅な週末♪

バルセロナに戻って初の週末、お友達のフランスの別荘にお邪魔してきました。
去年の夏以来、二度目の訪問。
実際には、2月にも行った・・・はず・・・???でも、、、・・・あの・・・記憶に新しい・・・例の一件により・・・その時のフランス訪問は空ぶりとなりました。

今回は、”忘れ物”もせず準備万端で難なく国境も越えフランスにとうちゃーく。

寒いかな?との心配もよそに、その日は快晴!確かにちょっと風はあったものの
明るい太陽と青い青い青い空の下で別荘前の湖はその日もキラキラ輝いていましたよ~。
e0145739_112728.jpg


この青空が最高!
e0145739_113493.jpg


こんなにかわいい家の中。窓の向こうは、もう湖。
e0145739_1135466.jpg


夕方には、青かった空が桜色にお色直し。
e0145739_1161255.jpg


場所によって色が変わるんですよ。日の入りに近い側は橙色に染まっていました。
こんな素敵な夕焼けを見たのはいつぶりだろう?
e0145739_1171334.jpg


こちらは真っ赤に燃える空とそれを映す湖
e0145739_1184195.jpg


青い空に元気をもらい、この夕焼けに心が休まりました!!

☆☆☆リーニ、今回もフランスに連れて行ってくれてありがとう☆☆☆
[PR]
by acco-esp | 2008-10-07 01:26 | 2008年旅行

旅行記 AVILA編

今さら・・・・・って感じですが、セマナサンタの旅日記続編をアップしたいと思います。

3月22日
朝食を終えた後、バスでアビラに向かいました。
バスで約1時間半の道のりです。

アビラには、むか~しむかしに来たことがあるのですが、城壁しかない!
というイメージでまさか再び来ることになるとは思いませんでしたが、
久々に見るとなかなか新鮮でいいものです。
マドリッド旅行ついでに、日帰りで行く場所としてお勧めです。

これが中世城塞都市の入り口「アルカサル門」
*どこもかしこも観光の目玉の建物は工事中なのが残念です。
e0145739_2222387.jpg


城壁
*11世紀に築かれたもの。なんと完成まで9年かかったそうです。
e0145739_2225841.jpg


カテドラル
*12~16世紀にかけて建てられたロマネスク&ゴシック様式の大聖堂。
e0145739_2234718.jpg


カテドラル見学を終えて外に出ると・・・
*なんと雪が降っていました!!寒かったはずだ。
e0145739_2243059.jpg


結局、寒いし、水分をたっぷり含んだみぞれのような雪が降ってるし、荷物重いし、他に見るものないし次のバスの時間まで仕方なくBarで時間を潰しましたとさ。やっぱり旅は晴れてるのが一番ですね。

では、次回はサラマンカ編です。(いつになるやら・・・???)
[PR]
by acco-esp | 2008-04-21 02:24 | 2008年旅行

旅行記 MADRID編

さて、随分前のように感じるセマナサンタ休暇。
忘れないうちに、旅日記をアップしておきたいと思います。

3月21日
BCNの友達W姉さんと飛行機でバルセロナからマドッドまでひとっ飛び。
ちなみに運賃45ユーロくらいでした。早く購入するとやっぱ安いよね。

セマナサンタの週末は全国的に天気が崩れるといわれていましたが
着いた日のマドリッドは快晴。
乾いた土地ならではの、澄み切った青空を見ることができました。

(余談)
スペインに来てすぐの頃、マドリッドから転勤してきた元上司に
「バルセロナは湿気が多い(スペインにしては)から、空が霞んでるんだよね。
内陸部(マドリッドなど)みたいに湿気がなくて乾いた土地のほうが空が青いんだよ」
と教えられた事があります。納得!!
自分でも、バルセロナについてから「留学時代に見た青空とは何かが違う。青さにパンチが足りない!」と思っていたので・・・。

さて、マドリッドで何をしたかというと・・・・
何もしてない・・・!?
私も友達もマドリッド初めてではないし、、、
観光って気もしないし、、、
お店も全部しまってるし、、、

ということで、食べるの大好きな私たちがメインにしていたのは
「美味しいものを食べること」でした。

昼ごろついて、ホテルにチェックインした後向かった先は、生まれも育ちもマドリッドという生粋のマドリッドっ子のお友達に教えてもらった
”マドリッド1、パエリアがおいしいお店” 
L'Albufera (Hotel Melia Castillaの下) e0145739_2105058.jpg
C/ Capitan Haya 45.
Tel: 91.567.51.97 

さすが、ホテルに通じたレストランだけあってなんだか高級感あふれるお店でした。
そんなとこにGパン・スニーカー姿で入った私たち、ちょっと恥ずかしかったです。
次行く機会があれば、少しおしゃれしていきたいものです。






とりあえず注文した一皿目のサラダ
e0145739_2043231.jpg


続いて注文したメインディッシュ ウサギとアンティチョークのパエリア
e0145739_20432468.jpg


お米の絶妙の炊きあがり、やわらかいウサギのお肉、決して濃すぎない味付け
すべてにおいて美味でした!!
でも、二人で行ったのでパエリアを一種類しか食べられなかったのが残念。
大勢で行って、もっといろいろな味を試してみたいです。
(注意)
大半のレストランでは、パエリアの注文は2人前以上からしか受け付けてくれません。
でも、かなり量が多いんです。1人前を二人でわけるくらいが本当はちょうどいいのに・・・
だから、パエリアを食べたいときは大勢で行くのがいいですね。

その後、W姉さんの希望もあり久しぶりにあのピカソの大作「ゲルニカ」を見にソフィア王妃芸術センターに行きました。ちょうど特別展示としてパリのピカソ美術館からの絵画等が展示されていたので、ラッキーでした。

夜は、満腹のお腹を減らすため町をぶらぶら。
マドリッドのPlaza Mayor(マヨール広場)
e0145739_2043598.jpg


マヨール広場に行く道中で遭遇したProcesion
今年はprocesion三昧のセマナサンタとなりました。
e0145739_20461555.jpg

e0145739_20465324.jpg


その後、前述のお友達に紹介してもらったマドリッドの伝統的なMESON(居酒屋)が立ち並ぶCuchilleros通りにてtapas bar のはしごをしてきました。

Meson del Champinon(マッシュールーム専門居酒屋)
e0145739_20474270.jpg

マッシュールームの鉄板焼きです。たっぷりのオリーブオイルとにんにくで焼き上げたもの。
これでたったの6ユーロ。安い!!そしておいしぃぃぃぃ~♪
たこ焼きを食べるときみたいに、あつあつを丸ごと口に入れましょう!

Meson del Boqueron (かたくちイワシ専門居酒屋)
e0145739_20482115.jpg

いろいろありましたが、あっさり系が食べたかった私たちは迷いなく食べたのはビネガー漬けです。

すっかりここが気に入った私とW姉、「また夜遊びしに(=タパス食べに?)マドリッド来たいねー」と話していました。
ワイン一杯+タパス一皿、そしてまた別の店でワイン一杯+タパス一皿って感じで、タパスのおいしいBARのはしごをする事を、TAPEO(タペオ)といいますが、そういえば留学時代もこんなことしたなーと懐かしく思いました。
ちなみに、その時飲んでいたのはもっぱらコカコーラでしたが, W姉さんのご指導のもと、ワインが飲めるようになった今日この頃。いつも私に飲みやすいワインを考えて注文してくれるW姉には感謝!

バルセロナには、ないんですよね、このTAPEO文化が。それはちょっと残念だけど地域ごとに文化が違うのは仕方ないですよね。

では次回はアビラ編をお送りします。
[PR]
by acco-esp | 2008-04-04 20:49 | 2008年旅行