Bichito accoのスペイン大爆走

accoesp.exblog.jp

念願かなってスペインに渡ってはや8年目。日々のドタバタ劇をありのままに綴っています。

2008年 10月 24日 ( 1 )

日本到着

昨日、無事日本に到着いたしました~。

でも・・・楽しみにしていたフィンランド航空、個人的にはかなり不満が残りました。

理由1:
わかっちゃいたけどやっぱりヘルシンキでの5時間待ちはかなり辛い


これはバルセロナ→関空便限定であり、成田や名古屋便はここまで待ち時間が長くありませんのであしからず。学生の頃、アジア系航空会社でスペインまで6~7時間待ちを経験して「安くても、もうアジア経由では絶対行かへん!」と思った記憶がありますが、フィンエアーも大して変わらない!?

しかも、前夜はEXPO仲間と夕食&飲みに行き帰宅したのが朝の4時。タクシーを呼んだのが6時20分だったので結局一睡もせずバルセロナを飛び立った私には辛すぎました。
もぉ~ねむくて・・・ねむくて・・・・。(これは私の責任ですね、はい)

さらに言うなら、「ヨーロッパから日本まで最短の9時間30分」と言われてるけど、当然その分スペインーヘルシンキは長い。しかも中途半端に!
私のように飛行機の中で特に窮屈さを感じないものにとっては「乗ってしまえばあとは着くのを待つだけ!」のほうがよっぽど楽チン。
バルセロナからヘルシンキに行くまで、とにかく寝たかったけどこれまた中途半端にしっかりとした昼食が出て・・・中途半端にしか寝られないのでかえってヘルシンキまでのフライトですでに疲れて・・・えぇ、とにかく中途半端だらけ。(と思ったのも徹夜明けの私のせいかもしれませんが)そしてその疲れた状態で空港で5時間、これは過酷でした。

理由2:
国際線にも関わらず今時シートにディスプレイがついていない


やっと日本行きに乗った♪と思ったら座席にディスプレイが無いのを見て大大大ショック。自分で好きな時に好きな映画をPlayできるプライベートディスプレイはロングフライトには必要不可欠です。一睡もしない人はいいかもしれないけど、私のように結構寝たり起きたりする人にとっては重要問題。目が覚めて映画が始まっていたらもう見る気しないし、第一、選択できる映画の数も雲泥の差ですよぉ~。ということでプライベートディスプレイが無い飛行機はできれば避けたい。きっとこれが私にとって最初で最後のフィンランド航空となることでしょう。

理由3:
朝が早い(9:45バルセロナ発)、日本に着くのが遅い(11:45 関空着)


間違ってるかもしれませんが、恐らくヨーロッパ系のバルセロナ発日本行きのフライトで一番早い出発・・・よね?少なくとも今までよく使ってたエールフランス、KLMよりは確実に早いです。といってもたかだか30分とか1時間の差なので、これは大した問題ではないのですが、早く出てるにも関わらず日本に着くのが遅いことにちょっと不服なのです。

しかもこれに連鎖して更なる不服点が。というのも、関空から滋賀の彦根まで重い重いスーツケースを2個も持ってJRを乗り継いで帰宅するのが結構大変なので空港から自宅までのスーツケース宅配サービスを愛用しています。近畿圏内なら(多分)一律1890円で午前中に預けるとその日の夕方には自宅に届けてくれるのでとっても便利。ということで、いつものように宅配を頼みに行ったら、「今日着の便はもう出発しましたので明日朝の到着になります」と言われちゃったのです。えぇぇぇぇ~、そうなん?もぉ~フィンランド航空の到着が遅いからやんかぁ~(涙)とプチ不機嫌にになった私でありました。

理由4:
機内食があまりおいしくなかった(味がない・・・と思った)


まあこれこそ大した問題ではないのですが、今までまずいと思う機内食を食べた記憶がない、つまりはそこそこの味なら満足して機内食を楽しめる私なのに、「ん?おいしくないなー。味ないなー」と思ったので挙げてみた次第。

といってもフィンランド航空を全面否定するつもりは全くありません。
機体は綺麗だったし、座席も若干広々してた気がするし、乗務員の方はみんなにこやかにサービスをしてくれてとても感じがよかったから。しかもプライベートディスプレイがついてないのも便によるのかも?しれませんし・・・。

さて、関空に着いたときは、曇り時々雨でとっても蒸し暑く、この蒸し暑さ久々やな~と思うと共に関空快速から見る空がどこを見ても見事な灰色だったので、「スペインの青い空ってやっぱり素敵☆」と感じちゃいました。いつものごとく、関空快速に乗った瞬間、激沈し深い眠りにつきましたが、去年の帰国時にように寝ぼけて途中下車することもなく無事家までたどり着きましたよ!

今日は朝から市役所に行き、転入届けを出し、国民健康保険をもらってきました。
市役所に入った瞬間、「いらっしゃいませ。お伺いしましょうか?」と親切にされ思わず戸惑ってしまった私。これもスペインで打たれ強くなった証拠かしら?
ちなみに、今まで大きかった(スペインの昔の運転免許と同じタイプ)保険証がカードサイズになっててびっくり。でもこの方が数段便利です。ラッキー。これで来週から恒例のお医者さん巡りが出来ます。眼鏡生活1日目も無事過ぎていきました。でもやっぱりなんか不快。鼻が低すぎて眼鏡がいちいち落ちてくるのが最大の理由であるということは隠しきれない事実です・・・。早く、裸眼1.5になりたいなぁ。
[PR]
by acco-esp | 2008-10-24 23:13 | 2008年日本帰省