Bichito accoのスペイン大爆走

accoesp.exblog.jp

念願かなってスペインに渡ってはや8年目。日々のドタバタ劇をありのままに綴っています。

アルデンテへのはかない夢

昨日、友達とうちの近くに最近できたと思われるイタリアンレストランに行きました。
なんかむしょうに麺が食べたくて・・・。
ほんとはラーメン食べたい気分だったけど、そんなのこの辺で食べられないからパスタに傾いたってわけです。

でもね、ぶっちゃけて言いますがスペインでイタリアン入ってパスタ食べるなんて自爆行為。
家で自分で作ったほうがはるかに美味しいかも。
そんなことわかってるけど、空腹に耐え切れず、その店に入って『今日は意地でもパスタが食べたい』」衝動から、パスタ注文しちゃいました。

さて、どうやら新参者のこのレストラン。外見も内装もかなりこじゃれたレストラン。しかもほぼ満席。お、ええ店みつけたんちゃうん?と思った私達。甘かった・・・。

予定通り、パスタを注文した私たち。
なんかいい感じのお店に見えたし、味にも期待したかったし、友達と「なあなあ、あれ、お願いしてみよっか?」と話し合い、わたくし思いきってウェイターのおっちゃんに言うてみました。

「アルデンテでお願いします」

あ、私間違ってた?
頼んだ私がアホやった?

やっぱり?

うん、ほんま間違ってたみたい。

なんと、おっちゃん、「アルデンテ」って聞いただけでぶち切れたご様子。
こっちに目も合わそうとせず、あさっての方向見たままではき捨てるように一言。
 
お「んなもん、でけへん」

私「え?」

お「ここの湯はなあ、全部煮えたぎってんねん」

私「・・・」

お「パスタはなあ、全部ゆですぎで、ふにゃふにゃやねん」

私「あ、だからぁ、そのぉ、ゆですぎにならないように、、、あのぉ、そのぉ、少ぉ~し固めでお願いしたいのですが・・・」

お「だから、そんなん無い言うてるやろ」
お「スペイン人はなあ、ふにゃふにゃパスタが好きやねん。だから柔らなかいのしか無いねん」
(このコメント笑えますよね。でもほんまに言うたんですよこれ、このおっちゃん)


私「・・・」

私は思った。「アルデンテ」って言葉に過剰反応したに違いないと。
だから、後で100歩譲って「少し固めで」って言うたけど、後の祭りでした。

でも、ここまで言うとは正直びっくり。ほんまに目ェ点になりました。
っていうか、「なんや自分わかってるんやん、スペインのパスタゆですぎでふにゃふにゃやっちゅー事。」って言いたくなりませんか?
ま、わかってるからこそ、ここまで皮肉なこと言うんやろけどネ。

スペイン人がふにゃふにゃパスタが好きなのは大いに結構。
だからイタリアンレストランの看板出しててもスペイン人用にふにゃふにゃパスタ作るのも結構。でも、イタリアンの看板出してるプライドがあるなら、固めを注文してきた客に、それなりの対応してくれたってええんちゃうのー?と思ったのですが、私間違ってるかなあ?
そんなに失礼な事したんかなあ、私。わかりませんわ。

例えば、日本にあるチャイニーズレストランは中国人にとっては、「え?何これ?」って思う代物であると聞いたことがあるけど、中国人が日本のチャイニーズレストランで同じような事言ったら、果たして日本人店員はどう答えるのだろう・・・?

そういえば、日本には、ラーメン屋とか寿司屋の頑固オヤジとか居るけど、でもそれとこのおっちゃんはやっぱりちょっと違うよね・・・。

私が「パスタ固めでお願いします」って言ったのは、肉を「レアで」と言ったり、お寿司を「わさび抜きで」って言うのと同じように通用すると思ったからなんやけどなあ。

何回考えてもしっくり来ませんが、もうスペインでおいしいパスタに出会いたいなんて考えは完全に断ち切ろうと思います。おいしいパスタ食べたくなったらイタリアに飛ぶのが賢明やね、はい。

・・・後日談・・・
上記意見を撤回します。大変失礼致しました。
バルセロナでもおいしいアルデンテのパスタが食べられるお店がありました。
きっとスペイン中見渡せば、他にもきっとイタリア並みにおいしいパスタが
食べられるお店があることでしょう。
[PR]
by acco-esp | 2007-11-23 07:31 | レストラン・Bar・ワイン