Bichito accoのスペイン大爆走

accoesp.exblog.jp

念願かなってスペインに渡ってはや8年目。日々のドタバタ劇をありのままに綴っています。

HAPPY WEDDING

少し前の話ですが、、、

6月。気持ちいい程快晴に恵まれたある土曜日の昼下がり、素敵なカップルが永遠の愛を誓いました。

タキシードでビシっと正装している新郎が私の会社の友達B君。頭がよくて、仕事熱心で、着々と昇進もしているしっかり者。この業界初心者の私にいつも優しく色んな事を教えてくれた大切な同僚です。新婦のMちゃんとは、何度かみんなで遊びに行ったりしていたのですでに顔見知り。小柄で目鼻立ちの整ったとってもキュートな女性。


e0145739_13274132.jpge0145739_1328103.jpg


さて、その日のスケジュールはと言いますと、、、

教会での式開始(予定)は13時。
でも新郎新婦の到着は13時半。式は30分以上。
(以外に長くて驚いた。でも神父さんの話にみんなうけまくっていた。私には何がおもしろいのかよく理解できず、、、残念)

その後、披露宴会場のホテルへ移動。
当然、なかなか始まらない。

ようやくホテルのロビーで立食バイキング開始。
新郎新婦は写真撮影のためまだ現れず。
あっという間に食べ物がなくなり、皆そこらへんのソファに座ってまったりしだす。眠気が襲ってくる。

ようやく新郎新婦が到着し、披露宴、つまりお食事が始まったのが多分夕方6時くらい。え?これって昼食じゃなかったの?ほとんど夕食(スペインではおやつの時間?)。まあ、どっちでもいいのだけど・・・

見た感じ、日本の披露宴と同じ感じだけれど、司会進行する人などもちろん居ない。超自由。
お母様へ花束贈呈の際、B君涙ぐんでた様子。少しもらい泣きしそうになる。

食事はおいしかった。でも、、、バイキングのおかげでお腹がすいていない。もったいないけど完食できず。 これまた残念。
そのうち、アップテンポの音楽が流れ出す。ちなみに、会場の片隅におっさんDJも在席。

そこらへんでちょろちょろと踊りだす人が一人、二人と増えてゆく。最後には私たちも参加。披露宴会場はディスコ・Barと化す。楽しかった~♪ こういうの久しぶり。会場は夜12時まで貸切。その後みんなはディスコへ繰り出す模様。私もほんとはもうちょっと残りたかったけど、、、足がないと帰れない。という事で一緒に来ていた友達カップルの車で帰路につきました。

今、二人は「微笑みの国」タイにて15日間の新婚旅行中。
結婚おめでとう!末永くお幸せに☆
e0145739_672037.jpg

[PR]
by acco-esp | 2007-06-22 07:16 | バルセロナ生活