Bichito accoのスペイン大爆走

accoesp.exblog.jp

念願かなってスペインに渡ってはや8年目。日々のドタバタ劇をありのままに綴っています。

こんなんありなん?

☆今朝の地下鉄での珍事件☆

いつものように地下鉄のホームへ。
そこへ地下鉄がスーっと入ってくる。乗る準備万端。
ホームにいる人たちが電車に近づく。
でも、、、行き過ぎちゃうん!?。

なんと先頭車両がホームの端っこを越えて停車。もちろん一両目に乗ろうと思っていた私達はそこに行けない。

ま、いっかと二両目に乗ろうとするが、、、あれ?ドアがあかない。二両目だけ?と思いきや周りを見渡すとどうやら全部のドアが開いてない様子。降りようとしている車内の人たちもキョトンとしている。


*****シーン*****沈黙*****

静まりかえるホーム。30秒から1分経過


な、な、なんと地下鉄がそのまま何事もなかったかのように走り去って行った。

残された私達の立場は?もちろん、駅の構内放送などあるわけがない。
 ”これって、いいの?こんなん、あり?”

でもさっすがスペイン人、文句も言わずベンチに座りなおし次の地下鉄を待つ。すごい、この寛大さ。

でも今日の私もはイライラしなかった。なぜなら、何ヶ月かぶりに余裕を持って家を出たから3分後の電車でも十分バスに間に合ったのだ。これがいつもの私なら頭から湯気が出ているに違いない。なぜならいつも時間ギリギリの地下鉄に乗って、降りたらバス停までダッシュしてギリギリのバスに飛び乗っているから。
ってことで、そのバスに乗り遅れたら、会社に遅刻するのであーる。

いくらなんでも何も言わず去っていった今朝の地下鉄には納得がいかないものの、何事も余裕をもって行えば、突然のハプニングがあっても落ち着いて心穏やかに構えていられるということを学んだ次第。 最近、スペインでのハプニングで学ぶことが多いなぁ!!

それにしても、乗れなかった私達より、その駅で降りられなかった人たち、、、とってもお気の毒でした。
[PR]
by acco-esp | 2006-08-01 08:00 | バルセロナ生活