Bichito accoのスペイン大爆走

accoesp.exblog.jp

念願かなってスペインに渡ってはや8年目。日々のドタバタ劇をありのままに綴っています。

帰国前のあんなこんな

夏のように暑い日が続いたバルセロナでしたが昨日からあいにくの雨模様。
どんよりした灰色の空はスペインには似合わない・・・。

さて、あれよあれよと時間が過ぎ帰国まであとわずかとなりました。
いつもなら仕事を終えて、夜中に荷造りして、ほとんど寝ずに空港に向かうのですが今回は毎日が休日なのでなんか感じが違います。
妙に余裕というか、日本に帰る気がまだしないというか・・・。

しかもこのところ例のビザ更新の件で色々頭を悩ませていました。

わかる人にはわかると思うスペインでのビザ(居住労働許可書)取得の難しさ。
だからこそ、欲しい人にはその価値が痛いほどわかる。
だからこそ、更新に向けて慎重になる。

もちろん、普通に仕事して真っ当に生活していれば特に心配する事などないのだろうけど、突然法律が変わったりするから油断は禁物。

そうやってスペインに来て1日1日を積み重ねてきてようやくあと一歩で永住ビザへの切り替えとなると、慎重度もUPするものです。ネットで調べまくり、移民局にも何度もしつこく電話をした結果明らかになった

永住ビザへの切り替えに必要な条件とは、

*スペインに、合法的に5年間連続して居住していること

でも、ほとにこれだけなの?仕事の有無とか、仕事してる期間とか見なくていいの?って思いますよね。だって、1回目の更新、2回目の更新はもっと条件があるし。
あまりにシンプルな条件すぎてかえって「こういう場合は?あーいう場合は?」って疑問がどんどん出て、もっと細かく自分の状況と照らし合わせて回答が欲しくなったわけです。

ということで、更なる詳細はというと、

*スペイン不在期間が連続して6か月以内であれば、上述の5年間に影響は及ぼさない。また、5年間のうちスペイン不在期間の合計が1年以内であれば、これも問題ない。

じゃ、それってどうやって調べるの?
→申請時にパスポートを提示。

でも、パスポート更新仕立てだったら記録が残ってないけどどうなるの?
→5年以内にパスポートを更新した場合は、前回のパスポートも一緒に提示
あ、なるほど

出入国履歴、ほんとにちゃんと見るのでしょうか?
すでに永住ビザを持ってる人たちはみんなパスポートはその場で見せてすぐ返してもらったと言うし、移民局の人もパスポートは個人データの載っているページのコピーと原本が必要なだけだと言ってたし。
ちなみに、仕事に関しては何もチェックされないそうで、更新時の仕事の有無、過去2年間の労働期間は関係ないそうです。

でもとにかく、条件は満たしているので安心して帰国することにしました!
(私の話に付き合ってくれた皆さん、お騒がせしました。)
[PR]
by acco-esp | 2008-10-19 09:24 | バルセロナ生活