Bichito accoのスペイン大爆走

accoesp.exblog.jp

念願かなってスペインに渡ってはや8年目。日々のドタバタ劇をありのままに綴っています。

火祭り真っ只中のバレンシアで過ごす週末:食事編2

バレンシアに行く前から、しっかり決めていたお食事(外食)計画。
全て完全実行してきましたよ。

計画1.ブニュエロを食べる

1日目の夜は、前回の日記(食事編1)の通り、おいしいて手料理をお腹いっぱい
ごちそうになった後、夜のお散歩にでかけました。
火祭り中は、町のあちこちに、いわゆる屋台が出ていて色々なものが売られていますが
中でも欠かせないのがブニュエロという揚げ菓子。
大きさは、ピンポン玉くらいでしょうか?
e0145739_742842.jpg

通常、中には何も入っていなくて外側に砂糖をまぶしてあるだけなのですが・・・
Cちゃんちの近くのブニュエロ屋台は、いちじくとかぼちゃのブニュエロが
売られていました。中にしっかり乾燥イチジクが!意外な組み合わせでしたが
イチジクの甘みが効いてておいしかったです。
e0145739_795724.jpg



計画2.本場バレンシアのパエーリャを食べる

2日目のお昼は、Cちゃんご推薦の、少し町の中心から離れた静かな住宅街にある
レストランEl Olmoにて本場バレンシアのパエーリャを食べました。

レストランはこんなところ
e0145739_5501989.jpg

落ち着いた雰囲気の店内
e0145739_551041.jpg

まずはお通し、ひよこ豆ペースト
e0145739_6143033.jpg

前菜、ホタルイカとアンティチョークの炒め物
e0145739_553501.jpg

メイン、パエーリャ
日本でパエーリャのイメージというと、魚介がふんだんにのったものだと思いますが
本場は海ではなく山の幸を使ったパエーリャ。うさぎ肉・鶏肉・レバー・豆入り。
e0145739_5544196.jpg

長年スペインにいるけれど、こんなにおいしいパエーリャを食べたのは初めてかもしれない。
お米もしっかりアルデンテ(シンがある!)で味も決して塩ッカラくない。
(パエーリャ、どアップ)
e0145739_754034.jpg

運ばれてきたときは、デカっ!と思ったものの、黙々と4人で食べ続け
こんなんなりました~。あ、お焦げもあってそれがおいしいのなんのって・・・
それを一生懸命、ごりごり削りながら食べてたから、本当に綺麗に完食。
シェフのおじさんが喜んでくれました。
e0145739_63144.jpg


これだけ食べても、デザートは別腹。いや、正しく言うと、デザート分も
計算の上、メインを注文してる!?
ここはデザートも絶品だそうで・・・色んなものを頼みました。

3色チョコレートケーキ
e0145739_68528.jpg

ミルフィーユ
e0145739_682947.jpg

パッションフルーツクリームと生姜アイスのいちごソースがけ
e0145739_611238.jpg


いやぁ~、パエーリャもおいしかったけど、デザートとコーヒーだけでも
注文できるなら、お茶しに来たいくらいです。大満足のランチでした。

(おまけ)
お昼に沢山食べたので、夜は家で軽めの夕食。
前日もいただいた煮豚リピートで、みんな白米と一緒に食べていたけど
私は一緒に出してくれたポンデケージョに挟んで食べてみました。
これぞ、煮豚バーガー。むちゃくちゃおいしかったです。
e0145739_651886.jpg



計画3.バレンシア名物Arroz al horno(アロス・アル・オルノ)を食べる

Arroz al horno、、、私、見たことも食べた事もありません。
やはりバレンシア地方でよく食されるそうで、見た目はパエーリャっぽいけれど
オーブンで作った炊き込みご飯・・・という感じでしょうか?

Mちゃんが市内の有名レストランEl Rallを予約してくれており、
しっかりArroz al hornoも予約していた(こういうお米料理は事前予約が
必要なところが多いです。)というのに・・・なんとなんと当日の朝
「材料が足りないから出来ない」と電話連絡があったのです。
やられた~!!スペイン人の事だから、Arroz al hornoの予約が入っていたことを
忘れていて、前日買い物に行かず、当日の朝気付いて慌てて電話してきたに
違いない。(電話してきただけまだましだけど)もしくは、祭り期間中はごった返すから
このメニューは中止にしていたのに、それを忘れて予約を受けちゃったとか?

初めてだから、かなり期待していただけでに超ショック。
でも、まあ祭りだしヨシとするか・・・。
と気分を切り替え、Arroz a bandaを注文。前日、山の幸だったからその日は海の幸。
Arroz a bandaについて詳しく知らないのですが、ちょこっと調べてみたところ
魚介を煮込んだスープで煮た魚介エキスたっぷりパエーリャ?(違ってたら教えてください!)
通常、ご飯とスープを煮込んだ魚介は別々に食べるのだとか?(マドリーのCocidoみたい)
バレンシア州で主に食べられるお料理だそうで、そういえばバルセロナのレストランでは
あまりメニューになかったような気もします。


さて、その日の前菜はバレンシア産のトマトTomate RafとVentresca(マグロ大トロ?)のサラダ
e0145739_6323221.jpg

Ventrescaもおいしかったけど、トマト好きの私が惚れに惚れたのがTomate Raf。
トマトの王様と言われるだけある!今度来たら絶対市場で大量買いするぞ!

メインのArroz a banda
e0145739_6413545.jpg

前日のバレンシア風パエーリャの色が茶系に近かったのに比べ、こちらは
鮮やかな黄色!具はイカ、海老、ムール貝。
おいしかったのはおいしかったのだけど、前日のパエーリャのインパクトが強すぎて、、、
選ぶとしたら前日のパエーリャに一票!
それと、少し味が濃かったのが残念。普段はそんなことないらしいので、
祭りでテンパっていたのでしょうか?機会があったら、また普通の日に
リベンジしたいものです。

・・・以上、食も存分に満喫したバレンシア2泊3日の旅でした。

言い遅れましたが、、、
実は、私がCちゃんと会うのは今回が2度目なんです。
前からお互いのブログは読んでいたものの、まだ知り合いではなく・・・
共通の友達Mちゃんを通じて、初対面が実現し、友達になれたのがほんの2か月前
そんなニューフェイスの私まで、快く家に招待してくれて、楽しい週末を
過ごさせてもらって、すごく嬉しかった。この出会いに心から感謝。
Mちゃん、Cちゃん、ホントにありがとう♪




海外ブログスペイン情報ランキングに参加しています。
応援のクリックをよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
人気ブログランキングへ
[PR]
by acco-esp | 2012-03-30 06:58 | お出かけ(近場)