Bichito accoのスペイン大爆走

accoesp.exblog.jp

念願かなってスペインに渡ってはや8年目。日々のドタバタ劇をありのままに綴っています。

ショック!立て続けにまたスリに遭う@メトロ!

≪日本赤十字社 東日本大震災義援金≫
≪Google Crisis Report 東日本大震災義援金≫

スペインにて初のスリ被害に遭い、その後面倒くさい居住許可証の申請に行ったり
銀行に新しいカードを取りに行ったり、それらの手続きに手数料を取られ
私の現金被害額は財布に入っていた15ユーロだけではなく、手数料も含めたものが
本当の被害額じゃないか~!と改めて悔しさを感じたりしながら、3週間が経とうと
していた昨晩。

地下鉄の中でまたスりに遭った!!!!!

正確に言うと、ポシェットのファスナーがあけられたとき
気付いたので未遂に終わったのだけど・・・・

でもね、、まさかね、、、(また、まさかです)、、、
真正面から狙ってくるとはね。
肩からかけて、カバンの部分は自分の体の前にあって
ファスナー部もちゃんと手で握ってたのに。
あ、でもやられそうになった瞬間は、一瞬手を離した時だった。
そのスキを狙われた・・・。

スられそうになったとき、思わず「何やってんの?」って言ったけど
その後言葉が出なかった。その直後の駅が私の降りる駅で、スリも
そのまま素知らぬ顔で下車した。

その時ホームで「この人、スりです。皆さん気をつけてください!」って
なぜ叫べなかったんだろう。叫ぼう、叫ぼうって思ったのに、、、
勇気がなくて、言えなかった。その事がすごく悔やまれる。あー私って
なんで肝心な時に小心者なんだろ。きっと誰かと一緒なら、
なんやかんやとまくしたててたに違いない。でも、一人だったからって
こんな大切なこと、できなかったなんて・・・。
あ~情けない。本当に情けないし、悔しい。
やっぱり腕ひっつかまえて、周りの人にも協力してもらって、警察に突き出すべきだった。
そうすることで、次の被害を防ぐことができただろうに。
肝心な時にあかんたれな自分にかなり自己嫌悪。

さらには、こんな短期間で2回も狙われた事に大きなショック。

最近、出かける時は、徒歩や自転車が多く、地下鉄に乗ったのはかなり久しぶり。
しかもよく考えると2週間近く夜は出かけていなかった。(珍しい・・・!?)
今回のことで、、、スペイン在住7年目にして初めて、、、
夜出かける事や地下鉄に乗る事に不安・恐怖心を覚えた。

昨晩も、友達と待ち合わせをしていたのだけど、そのまま家に帰りたい気持ちに
なったほど。やられる瞬間を見たからなのか、地下鉄だからなのか、、、?
とにかく前回とは何か違う感覚。悔しさより恐怖心!?
バルセロナの地下鉄、便利だし、綺麗だし(線にもよりますが)けっこう好きで
完全にメトラー(そんな言葉ないか?)だったけど、当分安心して乗れそうにないな。


そういえば、ちょうど4日ほど前、職場メンバーでのディナーがあり、
リモートスタッフなので普段バルセロナには居ないイタリア人同僚に、
財布をすられた話をしたところ、

『なんてこった。でも、心配しないで。自分を責めたらいけないよ。
そういう事が起こると、みんな、自分が不注意だった、自分がぼーっとしてたから
狙われたんだ・・・って自分を責めるけど、そうじゃない。
ここに居る誰もが、いつやられてもおかしくないんだから。それは避けられない事実。
注意するしかないけど、注意しててもやられるときはやられるんだし』

と言ってくれた。他にも、スられた直後に、自分を責めて落ち込んでる私に
「自分が悪かったなんて思うことないよ」って慰めてくれた友達がいっぱいいた。

あのスリ被害の後、それまでいつも注意してたのに、あの時は確かに私が不注意だった~
と思い切り自分を責めていた私は、この言葉にすごく慰められた。
そして、今回も気をつけていたはずなのに・・・でも一瞬のすきがあったのか?
またすぐ同じような被害に遭いそうになり、再び大きなショック。
これは当分トラウマになりそうです。そして、自分が考える以上にもっともっと
緊張感をもって行動しないと、駄目なんだと痛感した。
そして、次こそは見つけたら絶対見逃しはしないぞ!

皆さんもほんとにほんとに気をつけてください。

スリ王国バルセロナより

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
[PR]
by acco-esp | 2011-11-26 22:54 | バルセロナ生活