Bichito accoのスペイン大爆走

accoesp.exblog.jp

念願かなってスペインに渡ってはや8年目。日々のドタバタ劇をありのままに綴っています。

カタラン語クラス終了

今度こそ!と去年の9月に始めたカタラン語。
一回3時間20分、週2回というけっこうハードな時間割を
選んだのもさっさと終わらせたかったから・・・。

でも、行ってみたら思いのほか楽しかった。
新しい言語を覚えるって、最初のころは楽しいですよね。
今まで、反カタラン語で、カタラン語をわかりたいとも
思っていなかったので、町のあちこちに書かれている
カタラン語での宣伝文句や説明などからも思い切り目をそらしていました。

それが、、、基礎をほんの少し学ぶだけで
ドカ~ンと言葉が目に飛び込んでくるようになりました。
これには私もびっくり。

「あ、これわかる。」
「あ、これこのまえ習った。」
「あ、こういう風に言うんだ。」

と、カタラン語(単純な言葉に限りますが)を見るのが
楽しくなるほど。

しかも、先生がかなり私好み(明るくて、説明がクリアで、
何より発音がものすごーくハッキリしていて聞いてて心地いい)だった上、
クラスの雰囲気も良く楽しかった。
だから私でもしっかり続けられたのでした。

私が行っていたこのカタラン語教室、カタルーニャ州が主催で
Basic クラスは無料なので(無料じゃなかったら行かないよね)
申し込み時は満員でも、途中でどんどん人が減っていくと
聞いていたけれど、私のクラスは2,3人いなくなっただけで
みんな最後まで頑張っていました。

私も最初は、Basicのレベル1だけで終わろうかと思っていたけれども、
せっかく始めたし、クラスメートの大半も続けるし、
何よりこの先生が気に入ったので、レベル2へすすみ、最終的に
レベル3まですすみ、先日最終試験も終わり、無事初級は突破する事が
できました。ホッ。

EU共通語学レベルの中で、初級中の初級だし、試験結果どうこうより
とりあえず授業にちゃんと行って、宿題をちゃんとやっていれば
受かると言われている程度のレベルなので、持っていたところで
全く大した事ないのですが、ようやく一つひっかかっていた事を
やり終える事ができたので気分すっきり。

これ以上、学校に行ってまでカタラン語を勉強するつもりは
さらさらありませんが、せっかくなので生活の中でたまには使って
習った事を忘れないようにしようと思います。

前に記事に載せようとしたのに、間違って消してしまった(涙)ので
ついでに、レベル1のクラスの最終日の様子をご紹介。
みんなで自国の代表的なお料理を一品ずつ持ちより、そのレシピを
カタラン語で説明。そのあとは試食会!全部すごくおいしかった。
(各国での正式名称をメモした紙を捨ててしまった&お料理の詳細を
忘れてしまったのものもあり、一品一品きちんと説明できないのが残念デス)

スペイン代表「トルティージャ」
※スペイン風オムレツです。単純なお料理だけどおいしいのとおいしくないのは
雲泥の差。イビサ生まれ、マドリッド育ちの女の子が作ってきてくれた
このトルティーじゃはちゃんとおいしかった・・・。
e0145739_233757.jpg


ドイツ代表「ハンバーグ」
※ハンバーグの故郷はドイツ、ハンブルグですからね!
日本で、お弁当に入ってるようなハンバーグで、なんだか懐かしいものを
感じました。
e0145739_2341613.jpg


キューバ代表「肉ロールのフライ」
※お肉の中に何かが入っていたのだけど、忘れちゃいました。冷めてもおいしい
おかず・・・でしたよ。なんて言う名前だったんだろ・・・。
e0145739_2353989.jpg


ルーマニア代表「ルーマニア版ロールキャベツ」
※日本のロールキャベツに似ています。日本のよりお汁少ない版!?
遠く離れた国なのに、似たお料理があるものなんですね。
e0145739_2373054.jpg


ドミニカ共和国代表「バナナタルト」(という名前だったと思う)
※バナナといってもデザートではなく、ひき肉もサンドしてあるれっきとした主食。
私が一番おいしいと思った一品でもあります。作ってきたのはドミニカ出身の
20歳の男の子。ほんとに自分で作ったのならスゴイ料理の腕前だわ~。
作り方聞いておけばよかった・・・
e0145739_24053100.jpg


ペルー代表「ファルソコネッホ」
※スペイン語でファルソは「偽の」、コネッホは「兎」という意味。
兎といいつつ鶏肉を使っているのでこういう名前なのだとか・・・
ご飯と一緒に食べます。やっぱ南米料理はおいしいなぁー。これもおいしかった。
e0145739_2424690.jpg


コロンビア代表「ウルグアイ風タルト」(だったかな?)
※こちらもデザートではなくおかずです。作った本人はウルグアイ人ではなく
コロンビア人。そしてイタリア料理のシェフ・・・。
e0145739_243368.jpg


ブルガリア代表「白雪姫サラダ」
※スペイン語&カタラン語で白雪姫サラダと言ってましたが、本国でもきっと
そういう名前なんでしょうね。サワークリーム・ヨーグルトベースのサラダ。
サラダといっても野菜よりクリームがメインです。少し食べる分にはおいしい。
e0145739_2435982.jpg


ロシア代表「ボルシチ」
※クラスでは「赤いスープ」と訳してたけど、これは
絶対ボルシチですよね?サワークリームをかけて食べます。熱々を食べたかったなぁ。
ちなみに私は彼女が「ピロシキ」を作ってきてくれる事を期待していました。
あ~急にロシア料理、食べに行きたくなっちゃいました。
e0145739_2442173.jpg


ブルガリア代表「パン」:名前忘れた~、でもおいしかった。
e0145739_2475172.jpg


日本代表「巻き寿司」
※お好み焼きにしようか迷ったのですが、みんなにSushi,Sushiと言われたので、
お寿司にしました。具は卵、カニカマ&アボガド、きゅうり&シーチキン。
なかなか好評だったので良かった。
e0145739_2453870.jpg


イタリア代表「ティラミス」
おいしかった~。ティラミスって何よりもビスコッチョを浸すエスプレッソの味が
重要なんですって。作ってきてくれた彼女は最初に作ったエスプレッソがいまいち
だったので、わざわざエスプレッソを淹れなおしたらしいです。
e0145739_246355.jpg


コロンビア代表「ナティージャ」:スペインのナティージャはカスタード味の
どろどろプリンって感じですが、コロンビアのは寒天風にもうちょとぷりぷり
もちもちしてました。
e0145739_2471588.jpg


クラスメート達
e0145739_2483570.jpg

左手前から、
名前ド忘れ(イタリア)、ジョアン(ドミニカ共和国)、アレハンドラ(スペイン)、アントニオ(ペルー)、
ヌリア(スペイン、彼女が先生)、マリア(キューバ)、グスタボ(コロンビア)、パウリーナ(ルーマニア)、
ウェンディ(ロシア)、ドンカ(ブルガリア)、エスペランサ(コロンビア)、リネ(ドイツ)
e0145739_2481537.jpg


たまに学校行くのって楽しいですね~。

にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ☆海外ブログ。スペイン情報はこちら☆
[PR]
by acco-esp | 2011-02-27 02:48 | 語学